お互い歩み寄る

この日はおそらく昼間から日本中がオリンピックのテレビ中継に注目していた事でしょう。
男子フィギュアスケート、フリーの競技日がこの日でした。
勿論、ワタクシも、
「今日はちょっと早く行ってクラブでフィギュアスケート見よう♪」と思って早く出ていそいそと向かいました。
土曜日に行くのは久しぶり。この所ずっと土曜日は歯医者なのよね~。第三土曜日が歯医者は休みなので今日はたまたまこの日に入れたのでありました(^-^)
クラブに到着すると、クラブハウスには「あら~久しぶりです~~」という方々のお顔がチラホラ。
競技会でお会いして以来?の方もいらっしゃるし、今年に入って初めて会う方もいらっしゃるし。
イス足りる?な位に人がいて、ホント珍しい。
でも私のように「早く来て羽生君を見るの♪」という人だけでなくちゃんとクラブでのレッスンを見学してる方も同じ位いらっしゃいましたよー。
『羽生君を見届ける』
チームの方々は、羽生君が金、宇野君が銀メダルを取ったのを確認して解散となりましたー。
そしてワタクシはちょうどよくレッスン準備に取り掛かれました!
もうね、羽生君の怪我に比べたら落馬して転がって馬場の上でトドかセイウチ状態になった事なんて何てことないですよ。

とはいえ。

オバちゃん先週よりかはいいけれど、まだビミョーにお尻が痛いっす…。
あぁ本当に回復力が↓↓↓
・頭の位置
・開き手綱
・真っ直ぐに乗る
これらに注意して今日もがんばって乗ってみましょう。

しかし!
今日は思わぬ強敵が現れました。

強風!

横たわるとトドかセイウチになるワタクシですら、先生が先に乗ってくださっているのを馬場の外で見ていると、時折オヨヨとよろめく位。
馬場の奥側には、どこから飛んできたのか大きな段ボール箱が風でゴローンと転がりながら迫って来る。オーくん怖がって先生が乗っても踵を返している(汗)
今日も無理しないでいこう。。。拍車も念のためいつもの棒拍車でなく先丸にしました。

(つづく)




More
by grassree2 | 2018-02-17 14:45 | 小規模クラブでのお話&レッスン | Comments(0)

落馬後最初の騎乗です。
かつての所属クラブ時は、馬がプチッといってしまった感での落馬が多かったので、どうしても次に乗る時は勇気が要りました。
ところが今回の落馬は、落ちた直後から既に
「次も乗れる」
という気持ちが湧いてきていました。不思議です。
落ちた理由がハッキリ頭で理解できるのと、クラブの方でもその後の対策をすぐ取ってくださった(今の所)のもあると思います。
気持ちはそんなんで前向きでしたが、身体はなかなか10年前と違ってウィーン↑↑↑と上昇カーブを描けませんで…(^-^;
ビミョーに痛いなあと思いながらクラブに向かいました。


クラブに着いて先生に最初にお会いした際、オーナー先生にもお会いした際、どちらもワタクシの身体の調子はどうかと聞いてくださいました。
なんとかー、としか言えませんでしたが。
(だって乗って動いてないからわからないし)
で、当人もそんなんでどうなのかしらと思いながら乗ると、

どーんとした鈍い痛みが。
この時に初めて気づきました。
「あ、私はあの時左側から先に落ちて打ったんだな。」と。
右はそうでもないんです。左が痛い。
ま、やってみて軽めがよければ軽めにしてもらってある程度がんばれる所までやろう、無理はしない、とだけ決めてレッスンに臨みました。

(つづく)



More
by grassree2 | 2018-02-12 13:30 | 小規模クラブでのお話&レッスン | Comments(0)

駈歩で15mの巻き乗りが一度も出来ず、悔しい思いで終わった先週のレッスンから早1週間。
ずーーっと
「私はあと何が出来ただろうか。。。」
「最善策は何だったんだろうか。。。」
とひたすら考え続けて過ごした1週間でした。
この日のレッスンを、私は珍しく待ちに待っていました。
かつての所属クラブのように近かったら水曜日あたりで半休取って午後乗りに行って確かめる事も出来ますが、今は遠いし荷物も持たないといけないしで結局1週間、頭の中を整理する事しか出来ませんでした。
こんだけ出来なかった事を何とか出来る「めど」を早く付けたいのです。
1週間考え続けて出した私の結論は、

開き手綱の意識

でした。
もうこれしかない、これが有効かどうかを今日は確かめたい!
その思いでやって参りました。
そんな私の思いと一緒にやって来たのが、かつての所属クラブで使用していた折り返し手綱。
前回のレッスン時に私が、
「(先生に折り返しが短い、と言われて)折り返しの位置や長い短いが感覚としてよくわかりません。」
と伝えた所、先生が
「じゃあ次回目印をつけましょう」という事になったので、暮れの大掃除に掘り出したゼッケンと一緒に懐かしの折り返し手綱も出してきたのです。
先生が、
「すごいキレイじゃないですか、全然使用感がない。」
とおっしゃるので、
「かつての所属クラブでの先生が私を公認に出そうと思って指導してくださっていたようで『公認は(折り返し)使えないからあまり慣れないように。』と言われていて殆ど使っていないんですよ。」と説明。
これと、クラブに持って行って使っていただいている昔のゼッケンを使用して本日のレッスンに挑みます。
先生が久しぶりに「最初に乗りますね」とおっしゃる。有難い。
私は馬場の外から1週間かけて出した答えと先生の騎乗を見ながらこれから自分がどう乗るかのイメージを整理します。
大丈夫、きっと合っているはず。
外方はしっかり持って内方開き手綱よ。
そう思いながら先生が乗る坊ちゃまの駈歩のストライドがどの位なのかを見ていました。
私が先週一度も出来なかった左手前での駈歩15mの巻き乗り。
数えたら先生は14歩で周っていた。私の先週までのイメージだと歩数はもう少し少ない(=ストライドが広い)だろう。
15カウントする位で乗ったらいいのかな…と思っていたら先生は今日はこの15mの巻き乗りまでを行って、
「じゃあ交代しましょう。」と言いながらポケットに忍ばせていた黒いテープを取り出して折り返し手綱にテープを貼ってくださった。

(つづく)




More
by grassree2 | 2018-02-04 14:45 | 小規模クラブでのお話&レッスン | Comments(0)


ブログキャリアが10年以上に、騎乗歴は5年8か月+(空白時約9年)+2年9か月になりました!2018年11月より拠点を新しい所に移しパートナー馬を持って活動していきますのでよろしくお願いします(^-^)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28