ブログトップ

2018年、初乗り

昨年の始動も遅かったんだけど、
今年はもっと遅くて21日、大寒も過ぎた頃によーやく初乗りです。
今年に入って初めてクラブに来たので、今更感満載でしたが、一応けじめとしてオーナー先生、先生、若手先生にも挨拶。
年末簡単な掃除をした際に、まだ持っていたやや使用感のある方のゼッケン2枚をクラブで使ってください、と持ってきて早速自分が乗るのに使いました。
懐かしー!「初代マイゼッケン」です。
この時のイニシャル刺繍が一番カッコよくて気に入ってました。自分が乗って上から眺める景色の鞍下にこの10年以上前のゼッケンが映っている事がものすごく懐かしい景色です(^-^)
でも経年劣化や元々一番気に入って使っていた事もあり既に地色のピンクが大分褪せています(汗)
先生にお伝えしたら喜んで使ってくださるようなのでよかった~♪

しかし!
本日の馬を聞いた所、
「Lです」
との事…まぢか、新年最初からいきなり試練だよ(汗)
前回の昨年10月の騎乗時もかなり悲惨だったものなぁ。うぅ、あれより動かせるようにしたい!とにかく動かそう!!と決心して準備します。
風邪ひいたり、背中切開したりしてやっぱり1か月ぶりの騎乗となってしまったので、がんばりましょう。

※「〇鞍目」の表記は結局PC壊れていた期間が追い付かないため2018年より止める事にしました
つづき ↓





新年の挨拶時にオーナー先生から、3月に行われる県大会のお話がありました。
何だか「A3」を「坊ちゃま」でやる前提になってるんですが...(^-^;
オーナー先生は、
「オーくんは駈歩が大きいので、そこは長所なんですが、20x40に収めるのが難しいと思います。
おそらくLの方が(あの馬は)向いているでしょう。
でもそこに行く通過点、過程としてやはりgrassreeさんはA3はやった方がいいと思うので、そこに向かって練習していきましょう。」
とおっしゃっていました。
ウン、そうだよね、やっぱり坊ちゃまはLの方がいいよね。
私も目標はそこだし、早くやってみたいなー♪と思う気持ちはあるのでそこに行き着くまでにこのハードルをひとつ越えてから、行きましょう!
とりあえずオーナー先生とワタクシの考えが一致している事は確認できたので、(県大会に出るかは別として)あとは練習です。

まず今日のこの苦手なLくんが立派なハードルとなって立ちはだかってくれてます!(笑)
ニャンと遊びながら頭の中では、
『とにかくよく動かしていくことだよね。よく動かしてちゃんと駈歩が出る所まで行くこと。確か右手前の方がダメだったから右はダメでもせめて左だけは出せるようにしよう。』と本日のto doをしっかり描きました。
休みの期間に見ていた動画でも、外方脚をすっ、と引いただけで駈歩が出るようにしていた。重いコでもあそこまでもっていけるようにしないといけない。
そこが今日の目標。

騎乗馬:Lくん   馬装:長鞭 拍車(棒) 折り返し手綱(途中で外す)

本日は肢巻きのSくんとの2頭部班です。
Lくんが後ろに付きます。私にしては珍しく早めに馬場に出られたので先に常歩してましたが、あまり効果ない位、おっそ~。
でしたが、久しぶりに
『とにかく出す出す』
を頭に描いていたので最初から馬の背中が動くように意識して前に出していきます。
Sくんは乗った事あるから「あのコは小股」とわかるのですが、Lくんは乗った数が少ないので歩幅が広いのか狭いのか全くわかりません。でもさっきの遅さからするとそんなに広くはないはず、と思って『出す出す』常歩をしていると、意外とすぐ距離が縮まるのがわかる。
しかしながらその常歩はワタクシ好みの「勢いのある常歩」ではありませんし、先生も
「grassreeさん、常歩がタルいと思ったら脚と鞭で。思い切って使って大丈夫です。」との事。
また、
「前との距離が詰まったら巻き乗りしてもいいです。」
との事だったから巻き乗りしたけど、より遅くなる~(><)
速歩になった段階では先生は、
「(前との距離が詰まったら)常歩に落として、勢いある常歩に整えてからまた速歩、の方がいいかも。」
との事だったのでそうしてみると、確かにLくんにはこの方が合っていました!
そして移行する時には、前回の騎乗を踏まえ+先生からも、
『手はあまり使わない』
ように心がける。
軽速歩で両手前少し運動。
その後、斜め横歩(中央線→頭をやや右に向け右脚で押しながら左へ進む・その反対)を行って馬の後ろ脚を動かすようにする。
先生からも、
「Lはあまり(馬の)頭を向けすぎないでもっと浅くていいです。後ろ脚に注意させるように。」
との事で鞭を当てるだけにして反応を見ながら行う。
後ろ脚の感覚って、ホントわかんないのよね。。。もっと気を付けるようにしなくちゃな。
その後、速歩にして長蹄跡を肩内。

で!

いよいよ!
輪乗りで駈歩。
さぁここまでの間に目標であった「脚だけで駈歩を出す」が、果たして出来るようになっているのか!?
輪乗りで左手前、出る事は出ました。
先生は、
「Lは頭は高くていいから手綱を短く持って両手は動かさず、その両手の間に滑り込ませるようなイメージで。」
とおっしゃる。そんな感じでやってみます。もう必死(必死すぎてよく覚えていない)。
輪乗り→蹄跡駈歩にする。その前に先生が、
「動いてきたから折り返しを取りましょう。」との事で水勒手綱だけで行う。
アラ、輪乗りより蹄跡の方がラク~♪
しかし、既にこの段階でワタクシ息ハアハアです。先生にも、
「Lは右の方が出にくいんでしたよね…(ハアハア)」
「そうですね、右の方が難しいです。」
「既にマックスなんですけど…(ハアハア)」
先生苦笑い。
がんばろ。。。ってな感じで同じように右手前。
アラびっくり、1度で出ました!
でももうマックスなので(苦笑)自分でも
「あー、すごい不格好な感じで駈歩してるぅぅ~(><)」
というのがわかるんですけど、もう『やるだけでオッケイ』というレベルで今日は及第点だわ。もう更に必死。
駈歩の後は少し速歩をやって、終了しました。


最後常歩している時に先生からは、
「当初の予想よりかはよく乗れていました!」との事。
そうそう、ワタクシも「うまくはないけど前回よりはよく出せた」という感じ。とりあえず上手くいったか(汗)
私の目標だった「駈歩を脚反応で出す」のは確かに出来ました。鞭使いませんでした。
いやー、でも予想通り手強かったLくん。先生は
「ハマる人はハマるけど、ダメな人は全然ダメで駈歩も出ない」そうで、駈歩出たけど私は後者だなー。
Lくんで経路なんて出来る気配すらないもん。
ただ、一度駈歩の手前が反対で出た時があってその時はすぐわかったのよね。わかりやすいコ。だからA3もこのコで出来たら坊ちゃまよりむしろやりやすいのかもしれない(けど遠慮しとく)。


色々思いながら片づけをしていると隣の馬場で運動していた若手先生が、
「Lメッチャ動いてましたね!久しぶりにあんな動いているの見ましたよ。」
と、嬉しい事をおっしゃるではないか。
あぁー、じゃあ良かったのかなぁ、と思いながら、
「今日は途中まで折り返しでやって、動いてきたら折り返しを外して…」
「あー、なるほど。今度その方法でやってみようかなぁ。」
とレッスンでの事を話したりしていました。
今日は若干暖かかったけれど、もうワタクシ汗をかなりかいていました。それだけがんばりましたよー。
でも不思議と「あぁ、当初の目標達成できてよかったな」よりも「あ゛ぁー、ダメだったなぁ、動き硬かったなぁー」の気持ちの方が大きかったです。
私は硬いコ、重いコを動かしていく事は、かつての所属クラブの時から苦手。
坊ちゃまみたいに柔らかいコを動かす方がラクだし、自分もふにゃふにゃ乗るからなんだか一体化するような感じで好きなんですよね。
でも苦手なタイプにも乗らないと、絶対にうまくならないのよ。
これからまた暫く坊ちゃまに乗る事になるけれど、合間はやっぱりLくんにまた乗らなくちゃな。
来週からいよいよ課題明確化した騎乗になります!
またがんばりまそ。



[PR]
by grassree2 | 2018-01-21 11:30 | 現在のクラブレッスン | Comments(0)