ブログトップ

〇鞍目 イメージ通り!

んもー、まず最初にお詫びさせてください!
御殿場への競技会観戦の翌週は、クラブ丸2年在籍で初の「雨キャンセル」をして乗れず。
11月第一週は乗るわよ!と鼻息荒く意気込んでいたのですが、前日に所用のためキャンセル(涙)
もう絶対今週は乗るからね!!と、更に鼻息荒くやってきたのが、

よーやく今日!

あ~…日が空くと長靴履けないんだよねぇ…最初から短いソックスにしちゃお、とか、
さすがにもう11月だから虫いないっしょ、と思って行ったら思いのほか居てビックリ、とか、
微妙にズレを感じながらも何とかクラブへ行って無事騎乗して参りましたー\(^o^)/
今日はグループレッスンだし、と、RくんかSくんの出番を想定して行った所、
坊ちゃまに!
すみません…ご配慮ありがとうございます本当に。
気が付いたら今回のレッスンから現クラブ3年目に突入するワタクシ、また今月から頑張ろう☆
本日はとてもラッキーで、グループでしたがどうやら予約者ワタクシだけで、しかも坊ちゃま。
レッスンでもひとつ新しい事を得たり、乗れない間
『こうしたいから、こういうイメージで乗ったらいいかな?』
と思っていた事がスンナリ出来たり、
若手先生から「この馬でこれから競技に出ていくと思うので…」と言われ「え?(なにそんな話になってるの??)」と返したりと、
色々と嬉しい事があった日でありました(^-^)♪
坊ちゃまも相変わらず可愛かったし。
はい、はい、また頑張ります!!と思った一日でした。
そんなレッスン内容については、(*'▽')コチラダヨ! ↓






騎乗馬:オーくん   馬装:長鞭 棒拍車 折り返し手綱


次にA3課目をやる、という事を踏まえてそれを織り込んだレッスンにしましょう、との事。
A3とA2の主な違い(ワタクシの印象)は、
・左右対称にやる運動項目
・円、半巻きなど馬体を曲げる運動が多い
そして、
・ワタクシが以前より苦手なシンプルチェンジがある!
・ワタクシが以前よりかなり苦手な速歩からの駈歩がある!!

という、ワタクシにはややハードルが高く感じる経路となっております。
かつての所属クラブでこの経路はまだ20x60の時にやった事がありますが、その時に思っていたのは、

シンプルチェンジダメだー

でしたが、今回この20x40ver.になったのを「見て」思ったのは、

ちょこちょこした動きになって難しそう。。。

と感じたのです。
かつての所属クラブ時にやりながら思っていたのは、

20x60、広いなぁ~~。

でした。
斜め手前替えで斜線向いた時なんぞ、
「あぁ~、向こう側まで遠いなぁ~~~」
と毎回のように思っていました。
逆に駈歩での半巻きは特にそんなやりにくい印象はなかったです。
そんなんで馬場が狭くなった事によってやりやすそうな事、やりにくそうな事が違ってきそうなこの経路、まずは前段階で挑みます。

●駈歩で15mの巻き乗り→20mの輪乗り
●斜線シンプルチェンジ→蹄跡上で駈歩の歩幅を狭くする

という事で軽速歩や速歩運動をさっくりやった後にワタクシが苦手な駈歩での運動をやることに。
オーくんの駈歩は一歩が大きく、そこはいい点なのですが、気を付けていないとだーーっとただ行くだけになってしまう。
そして一歩が大きいが故、小回りの駈歩は難しい…と、思われる。
A2課目は20mの輪乗りと斜線くらいしかなかったので大きく周るからこういう悩みは生じませんでした。
しかしA3はそういう小回りが次々とやってくるのです。もはや避けて通れません。
ここがワタクシ自身がオーくんでA3を踏むのならいっそA3はスキップしてLの練習をしたいな、と思う所以なのです。
(L課目の方が馬場が広い分、動きが大きいオーくんの良さが活きるのでは?との考え)
オーくんはオーナーさんが障碍をやっている事もあり、あまり馬場的な動きはやっていないと思われる。だから、
私が苦手なシンプルチェンジに至るまでの小さい駈歩(うまく表現できませんが。。。)は、きっとオーくんは出来ないだろう、という先入観がありました。夏の競技会前にもそう思ってやっていましたし。
ちょっと話が逸れますが。。。
私はこのブログは主に「自分の復習用」として記しています。
なので、ものすごい多忙で書けなかった期間と、今年の春先のPC壊れて新しいのを買うまでの期間が抜けた位でほぼ毎レッスンの内容を記しています。そうしないと自分が覚えていませんし、予習・復習が出来ないからです。
私が現在のクラブに移ってから丸2年、未だA2課目から動かずやっとA3課目に動こっかなー?となる位にスローなのは私自身が元来ノンビリしているのと、何より練習が足りないことに起因していると思います。
先生方に「練習が少ない」とか「足りない」とか、面と向かって言われた事はありませんが。
それは私自身も自覚しており、そこを補う事をしています。
いくつかありますが、一番よくやる直接的な事は『いいイメージビデオを見る』事です。
youtubeでよくあるようなワタクシみたいなザ・素人!がやっているものではなく、プロのもの。
それもなるべくワタクシが好きな乗り方(私は女性ですが好きな乗り方をしている方は男性が殆どです)をしている方、そしてあまり遠すぎない方(笑)のものを見ます。
ここの隅角をこういう風に周れるようになりたい、とか、こういうイメージで駈歩を作っていきたい、とか、考えたり思ったりして映像を頭の中に入れながら見ています。
そしてある程度イメージした上で週末のレッスン時に、「こういう事をしたい」と自分で提言する事もありますし、逆にタイムリーにイメージしていたものを「じゃあやってみましょう」「おぉそれそれ!」となる事もあります。
今回は後者でした。
…という事でレッスンに戻ります!
小さい駈歩をするには、イメージとして、
前で止めながら脚で押す
という感じでした。
でも、きっとオーくんは出来ないだろうな、と。夏の競技会の時も「とにかく止めないで続ける!」事が優先順位1位でしたし。
若手先生は、
「蹄跡上で駈歩をコントロール出来るようにやってみましょう。尋常駈歩→小さく駈歩→速歩になるように。小さく駈歩するには普通に駈歩して腹筋とシートで徐々に小さくしていく。尋常からこれを入れる事によってスムーズに速歩に移行できます。」
ではではやってみます。
オーくんはまず駈歩で馬体を伸ばさないように気を付けながら走る。自分の外方拳に手応えがあるのを感じながら悪いクセである「手からいく」事をしないように注意して…
「徐々に駈歩を小さく~」
手はいかないよ!
まず一発目に腹筋から、続けざまに騎座でシートで…で、あれ?

出来たんですけど。

「そうそう!そこから速歩ー」

この移行は出来るさ。
で、速歩。

何このアッサリ感。
夏に出来なかったのは何だったのか!!
私が悪いのか!
あまりにアッサリ出来たので多分ちょっと”鳩が豆鉄砲顔”で、
「あ、イメージ通りに出来ました。すごいなぁオーくん、これが出来るようになったんだ。出来ないと思っていました。」
もう一度トライし、そこも出来て、反対手前もやって、そこも出来て終了。
もう3回目くらいになるとコツが掴めてきました。

しかし!
まずはベースの駈歩あっての次段階ですので、
・伸ばさない駈歩
・正しいリズム
・外方拳に手応えがあるのを確認し手で止めにいこうとしない
を心がけた上での小さい駈歩を作っていくようにしましょう。
今日はたまたま出来たのかもしれませんが、いいイメージを持って、且つ、実際に自分で正しい駈歩を作っていけるようにしたいですね。


あまり時間がないワタクシですが、そんな人にも「目からの情報」はこうやって実技をやる上での助けとなります。
目から情報を得て脳内で「こういう感じ~」と変換され、いざ実践!という段階になります。
実践の段階では頭の中のイメージと実際の手応えを素早く(←ここ大事・頭の中に拘りすぎずリアルを優先させる)擦り合わせていけばいいだけです。
全てに通じる訳ではありませんが、おそらく私がこの少ない練習量の中で今の所何とかやっていけているのはこのイメージトレーニングが大きいと思っています。ちょっと時間があると見ていますもん。
またオーくんとひとつ、出来る事が増えて嬉しいな♪
常に「馬体を伸ばさない」事はこれからも意識していこう。


[PR]
by grassree2 | 2017-11-12 13:30 | 現在のクラブレッスン | Comments(0)