37鞍目 成長中!

今週末は土日揃って晴れて暖かい日♪
…しかしクラブに着くとなぜか馬場には水たまり。昨日あんなに天気がよかったのに?
「冬になって来るとダメなんですよねー。」と若手先生。
S玉の我が家では昨日は洗濯物バンバン干したのにねぇ。
そして外部の競技会に同じ馬で出るはずだった方が、Hくんではない馬で経路練習をしている。
うーむ、という事はまだHくん完治していないんだ。
思ったより重傷だったのね(涙)
競技会まで週末は今回を入れてあと2回。ここに来ての馬替えは痛いでしょう。
ワタクシなんぞ早々に「じゃ、止めまーす!」とリタイアしたヘタレだけに、ここまでがんばっている方が何とか出場出来るようになって欲しいものです。


Hくんを見舞った後、先生から本日のパートナーを聞かされると、この間の新馬ちゃん。
しかも今回は、

4頭部班

まぢかーーー。
駈歩では久々に輪乗りの真ん中待機かしら(←かつての所属クラブでは部班運動を乱す人馬は半強制的に輪乗りの中に入れられたのです)。
ま、速歩部門はがんばりますか。


騎乗馬:Lくん(確か←まだ)   馬装:長鞭、拍車(先丸)、わんこ装着


本日は私がクラブに譲渡?した、昔使っていたエスカドロンのゼッケンを使用します。
懐かしい~、やっぱり昔の道具を使うと、なんか嬉しい。
これを使って乗っていた、ワンコを思い出します。
もしかしたら、このゼッケンにまだワンコの毛が残っているかもしれないね。
ワンコにはもう乗れないけれど、今の私はあの頃のワンコをもう少しマトモに動かせるかな?
なんだか「ワンコがついててくれている」ような気がして…だからきっと、昔の道具を使うと嬉しいんだろうな。
ワンコと離れて10年経ってもこう思えるんだから、やはりワンコは私にとって特別な馬だ。
あなたといた時間はjoyfulだったんだよ、やっぱりね(^-^)


が、しかーし!現実はキビチイのであります。
本日の部班レッスン中では、かつての所属クラブでの大所帯部班レッスンとは違ってオバちゃん息ハァハァ。←体力不足
そんなレッスンは、コチラでーす ↓






今日は4頭だからか、広い障碍の馬場での部班。
障碍が馬場内に置かれた状態のこのエリアに私がいるのもヘンだけど、若手先生がいるのもヘンな感じです。
新馬ちゃんとワタクシは、勿論?部班の最後尾!
折り合いつけて運動できるようにがんばっていきましょう。

・速歩、軽速歩(左右)
・駈歩(左手前)
ここまでの準備運動(と言っても結構長い時間)は新馬ちゃん無難に出来ました!
「おぉ~、スゴイ、成長してるなぁ」
と感心。
コース取りもちゃんと出来るし、同じリズムで行ってくれます。3節のリズムがハッキリした、弾むような駈歩。
それでもやっぱりまだ乗り慣れてないコで、馬場も広いしでワタクシの駈歩での悪い癖が出ます。
力んで、膝が上がって来ちゃうんですよねー(だから疲れるんだろうけど)。
駈歩終了して常歩になってから手前を変えていったん休憩になった時に若手先生からは、
「駈歩で鐙が深くなってきている時があるから鐙は浅く履いて、踵を下げて踏ん張る時がある際にそれが出来るような状態にしておく。」
との事でした。
この時、
「あ~、新馬ちゃんは右手前が前回大変だったから、右手前の駈歩は無しなんだ♪
だから左であれだけ走ったのね。あー、よかった♪♪」
と喜んでいたのも束の間、若手先生が、
「この後右手前やるので隅角を使って右姿勢をしっかり取って落ち着いて駈歩。
最後押し込める内方脚を残しておくように。」


えーーーーーー

やるわけ!?

ガ――――――ン!!



前回あんなに苦戦した右駈歩。
わずか10日でそんなに変わっているとは思えないんだけどー。
こりゃあ久しぶりに
「輪乗りの真ん中で待機」かしらん…。
とりあえずやってみるかー。
若手先生の言葉通り常歩から隅角を使って内方姿勢をハッキリ取って内方脚押し込んで合図。
前回みたいに高速速歩タカタカー、となるかと思いきや、

一発で出た!

ビックリ!!

思わず、
「fine!」←なぜか口から出た単語がこれだった
と言って首を一発軽く叩いた。
ワタクシの素直な気持ちとしては、いつもの「good」より嬉しかったからこの言葉が出て来たんでしょう。
一発で出たまではよかったけど、やはり前回出にくかっただけあって左手前に比べこちらの方が質としては下な感じ。
Rくんみたいに前に突っかかっていく。
一度速歩に落ちてしまってから再度駈歩にいくまでに慌ててしまう←これも悪い癖
なんとか速歩1周する前に再度出たけれど、左同様のハッキリした3節の駈歩にもっていくのが難しい。
私の上体がちゃんと起きて、新馬ちゃんが前に前に突っかからないように新馬ちゃんの上体もちゃんと起きた駈歩をさせたいんだけど難しー(><)
“駈歩継続”を優先させ(ここが部班の辛い所)、とにかくつづける、つづける。
左手前と同じ位の時間が経っていたのか、やりながらもう疲れて疲れて、
『ヤバい…もうそろそろ限界が来る…馬の動きと自分の動きが合わなくなってきているけど直せない…空中分解しそう。あと1周がんばれるか』
と自分的にギリギリの状態となっていたらようやく
「では歩度を詰めて、速歩~」
あ゛ぁ~~、何とか無事だったわ~~~。体力なくて転がり落ちるかと思ったよ…。
もう速歩なら何でもやるわ~~。
と思うほど久しぶりに限界の瀬戸際まで来ていたようでした。


この後は正反撞運動で、
半巻き→斜め横歩
どちらの姿勢もうまく出来ました。
新馬ちゃん、ちゃんと成長中だね!
もう駈歩でバラバラだったから、速歩だけはしっかりやろうと思い、
隅角はキッチリ周り、
右姿勢・左姿勢もキチンと取りました。
少し長蹄跡肩内もやりました。
蹄跡を速歩している際、若手先生が
「grassreeさんもっと動かしていい、もっと肢が大きく動くように。」との事。
前を行く自馬クンが1歩が大きいコなのでそのコと同じ位になるように頑張ってみました。
反撞少ないコだから思い切ってやった方がいいかもね!確かに。
本日のレッスンはここで終わりました。
フハーー、疲れたわぁ。
まだまだ体力つけないと、20x60の経路なんて当分踏めないわ。



若手先生曰く、新馬ちゃんは広い馬場の方がよく動くそう。動きが大きいコだからその方が動きやすいのかもね。
注意点としては、
・駈歩やっていて速歩に落ちてしまった時、手が上がっているから落ちついて手を下げてからスタートさせる
・駈歩の時に鐙を浅く踏む

新馬ちゃんは前回とは随分違って「学校に慣れてきたコドモ」のようになっていました。
動きが大きい長所を消さないように、もう少し乗り手がコースコントロール出来ればいいですね。
右だな、右。
次に乗る時は右駈歩に全力!



[PR]
by grassree2 | 2016-11-13 13:30 | 小規模クラブでのお話&レッスン | Comments(0)