15鞍目 今回は通しで

本日もクラブは静かです。
今週もオーナー先生と一部の会員さんが競技会に出場しているため、静かなのです。
なので今回も、以前同様に先生がお一人で見て、各々準備運動をして何か課題をやるスタイルなのだと思われ。
また『準備運動だから』と思って力を抜いて運動して、最後の方に課題が出来るように整えていきましょう。
そう思って急いで準備し、洗い場に出ると先生から
「栗毛ちゃんです。」
と、前回のこのパターンと同じ(^-^;
では栗毛ちゃんと前回よりいい運動がひとつでも出来るようにしましょう!







騎乗馬:栗毛ちゃん   馬装:長鞭、拍車(棒)


今回は同じ時間に4人馬。馬場2面使って各馬場に2人馬ずつの配置となり私は馬場用の馬場の鏡がある方のエリアになりました。前回栗毛ちゃんと約30分一人で運動を組み立ててやった時は割と上手くいった気がしたので、今回も同じようにやってみよう。今までの復習として、栗毛ちゃんは
・まず丸める
・馬体が大きいので伸びて来ないように気を付ける
・ペースはゆっくり(速歩)
こんな感じかな。
ベースの運動としてこれらに気を付けながら、もう一段上の運動が動きやすくできるように。
栗毛ちゃんは今日もよいコで動いてくれます。
手綱を伸ばした常歩をよくしたら、徐々に手綱を詰めていつもより気持ち長めにした状態で常歩で丸めて姿勢を作る。
まずは常歩で出来てから軽速歩、そして駈歩に移る。
軽速歩では前回ペースが速くて注意されたから今回はペースをゆっくりにしたうえで思ったコースを辿れるかチェック。
馬場がキレイに整地されていたので自分が描いた図形がどうなのか振り返ってチェック出来て嬉しい♪
駈歩は、お兄さん先生の所でやるように準備運動での駈歩。だから軽めに、そして大きく動かすように。
(前回同様私が一番最後に軽速歩を開始しましたが駈歩をやったのは一番最初だった)
そう思ってやる事によって私の力が抜ける。そうやって乗ればきっと栗毛ちゃんもラク。
先生が、
「そう、grassreeさんいい駈歩ですよ。」
と言ってもらえました(^-^)
やっぱり馬もラクに動けるんだろうなー。
これからも「どうやったら馬によく動いてもらえるか」を探るのは課題だね。栗毛ちゃんとは合格点かな。
両手前駈歩まで終わったら一旦手綱伸ばして常歩。

その後は少し詰めた運動をしようと、速歩をしたあと前回同様に移行の練習。
(今回も先生から「移行の練習をしましょう」との提案が。)
輪乗りで、
常歩で形をつくりその後速歩。C点で停止。
→5歩後退。そこから駈歩。
→駈歩輪乗り1周してC点で停止。
これを左右やり、栗毛ちゃんはどちらも1度で出来ました。
特に左手前の駈歩→停止は久しぶりにお尻で「ビタッ!」と止まったのがわかるようないい感じで、
「おぉ、素晴らしい!」と栗毛ちゃんを褒めました♪
もっともこれは前回ひとりでやった時もここまでは出来たので「はてこの後どうしようかな?」と、常歩しながらちょっと考えました。
すると、先生から
「grassreeさんは駈歩で半巻きして反対駈歩をしたり、長蹄跡をこの間やったように肩内をしたりしてみましょう。」
との提案がありました。
むむっ。
時間的に今日はこのまま各々やるので終わるんだな。
と思ったので「今日はこれが本運動」と考え、その最終ターゲットに向けてまた準備開始。
駈歩の前に常歩。常歩が出来たら速歩。速歩の間に先生が、
「馬の力が馬体が伸びてきている事によって溜まらない状態になってきています。そうなったら馬の力が前に進む力になるように一旦常歩に落としてから前を止めて脚を使って馬がラクになる所を探しながら手がふっと軽くなるように。常に自分の手の中で馬のハミからの力が前に進むようになっているのか確かめながら。」
そうやってやる常歩→速歩をせっかく鏡があるので横目で確認。速歩の手応えを感じてから駈歩を出して、
蹄跡→斜線に入りXで速歩
これが出来たら今度は、
蹄跡→長蹄跡行き着いた所で半巻きして反対駈歩
を行う。
右手前は半巻きして反対駈歩に入る所で速歩に落ちる。私が推しきれなかった。
左手前は1度できれいに行き、反対駈歩も最低目標の1区間→馬場半周まで出来ました。
もう1度右手前を行い、今度は1区間以上は出来ました。ふーーーーっ。
その後は速歩で、前回やったように巻き乗りから長蹄跡肩内を1本ずつやった頃、
「そろそろ沈静運動して終わりにしましょう。」
という先生の声があったので蹄跡を軽速歩で徐々に手綱を伸ばして左右やりました。
栗毛ちゃんは右手前がやっぱりやりにくいのか、左手前と違って右手前は自分ですぐ終わりにしちゃって、
「もういいの?」
と私が馬に聞くくらい早く終了しました(^-^;
うーん、栗毛ちゃんは右手前がカギだなぁ。
最後に先生が、
「grassreeさんに栗毛ちゃんは合ってますね」とおっしゃってました。
そうかな?
確かにかつての所属クラブでのワンコも、
しろくろちゃんのクラブでのAちゃんも大型馬。
私はチビなので大きな馬だと「木に止まったセミ」みたいでイヤなのですが、
なぜか結果として大型馬と相性がいいらしい??
前回の鹿毛ちゃんは、キッチリかっちり乗るのが似合って、「この馬でどこまで乗りきれるか、自分の限界を試してみたい」と思うような色々教えてくれる先生みたいなお馬ちゃんですが、
栗毛ちゃんはもうちょっと気楽に乗れる感じです♪
どっちのタイプも乗りながら、それぞれから教われるように、自分の引き出しを増やせるように、ね。


<本日の気づき>
・栗毛ちゃんは右手前!右手前の駈歩→斜線は止まりにくいのでビッと止めるつもりでやる
・常歩から速歩から駈歩、どの運動でもまず常歩から出来ないとその後は出来ない。常歩でまず決める事。
決めたらその流れを次の運動に持って行く事。
(今更ながら常歩の重要性を再確認。。。)



[PR]
by grassree2 | 2016-03-06 11:00 | 小規模クラブでのお話&レッスン | Comments(0)