新しい出会い(2) ~レッスン内容ほか


Iちゃんに跨って丸馬場へ入ります。
一瞬、すぐそこにいらしたはずの先生が消えた!?と思ったら、一緒に丸馬場に入ろうとしていたワンちゃんを抱えて外に出している所でした(^-^;
「馬に蹴られたとか、イヤな事をされた事がないので怖がらないんですよねー。」との事。
ふと外を見ると、全く繋がれていない自由なコ(ポニーちゃん)が歩いたり草を食んだりしています。
すごく自由な雰囲気です♪

さて、Iちゃんでまずは歩きます。
馬友さんとしっかり運動した後だから、Iちゃん重くもなく軽くもなくイイ感じです。
軽速歩を数周して、先生から常歩の号令がかかる。

<わたしの感想>
 ・Iちゃんの1歩が思ったより大きい
 ・ペースがいい
 ・補助道具(ゴーグは強めの補助道具との事 by先生)があっても前に持って行く力が強い
 
<先生からのお言葉>
 ・手を下げる(最近の私はおへそ位の高さで持ってましたが腰骨位まで低くするよう言われました)
 ・外方の手が上がっているので同じ高さになるように ←あ~これも前からなのよねェ

ちなみに、この軽速歩数周で常歩になってこれら↑の会話を先生としてる時、
ワタクシ息ハァハァでした!
先週も乗ったはずなのに(><)
Iちゃんの1歩が大きくて、多分自分が思ってるより距離としてかなり進んでいるんだと思われます。
それよりも、拳にかかる力が強い。
はてどうしたものか。
先生は、
「遅い訳ではないけれど、とにかく推進。”馬は動かしてナンボです!“(←コレ本日の格言)」
あ~、わかるわかる、こういう前が強いコは出していくうちにその力のバランスが徐々にとれて手が軽くなるはず。
よしやってみよう!
2度目の軽速歩。
さっきより推進を意識して脚を使う。ウン、この手応えは大丈夫!
Iちゃんの力のバランスがとれて力が前じゃなくて後ろに移って来る。
「もう手は軽いですよね?」
「軽いです。さっきと全然違います。」
Iちゃんに乗ってすぐ思った。
このコは前回行ったクラブで出てきた馬とは違う。
私達は一応「経験者」という事で申し込んだけど、それでもいわゆる”体験乗馬用のコ”が出てくる時もあります。
このコはそういう馬じゃない、会員だけじゃなくてちゃんと先生も乗ってる馬だと感じる。
以前の、お兄さん先生の所の馬達がそうだった。レッスンの前に必ず下乗りしてくださっていたからか、
私が乗ると自分のバランスが崩れたり、悪い所をキチンと教えてくれる、ダメな所を映す鏡のような馬達だった。
Iちゃんに乗って、そこの馬達を思い出した。
ありがたい、またこうして落ち着いて勉強になる馬に乗せてもらえて。
これ以降、私の拳に強い力がかかる事はありませんでした。

先生は数周走ると常歩を入れてくださります。
丸馬場なので馬場入口から中央線に左右に行って手前を換え、くらいしかやらないのですが、それでもその数周に課題を持って乗ります。
今回の私は「外方の拳が高くなる&前に出る」のがテーマでした。
去年乗っていた所でもこの事はよく注意されました。
こんな感じになっちゃうのよね↓


f0031961_22090307.jpg




今回の先生は同様に注意するほかに、
「片方だけ高くなると、馬にとってはハミが外れやすくなります。外方が外れやすくなると、馬はハミを頼って外に外に寄ってきてしまうんです。
Iちゃんは元々外に行きやすいコなので(確かに。私は最初の1周で外方の爪先が馬場出入り口のちょっと出っ張ってる所に激突…)、まずは外方の拳の高さに注意。
内方は、もう緩くていいです。外方の手綱はガッチリ持って、外方脚でブロックもします。
そうするとIちゃんも外に行かなくなり内側を周る事が出来ます。」との説明。なるほど!
この課題で数周進んで常歩、また課題を確認して数周進む、を、繰り返しました。
Iちゃんは右手前の方が難しかったです。
先生も私の拳が上がって来ると、
「上がってきましたよ~、上がって来ましたよ~外方、外方!それ以上前に出ないように!!」
と絶え間なく注意してくださるので(本当すっごい見て下さる!!)、頑張れました。


「では駈歩もやってみましょうか?」
との事だったので、先程の馬友さんレッスンも見てて自分にもくる事はわかってましたから目はひんむかず(苦笑)、
駈歩は最初から調馬索にしていただき且つサドルホルダーまで持ってました。

いちお、最初だから用心して ←ここ重要

「では駈歩~」
とりあえずいつものようにやってみます。
あ、出た。出たけど~、出たけど~~~(滝汗)
数周して「はい常歩~」の声に力が抜ける。
ワタクシの顔、絶対
鳩が豆鉄砲顔
だったと思います!
だってだって、Iちゃんの駈歩、めっちゃダイナミックだったんだもの~~~(><)
周りの景色が遊園地の乗り物乗ってるみたいに流れちゃって何も、何も見えませんでした。
↓Iちゃん、鬣も尾もなびいています。前肢もしっかり上がっているダイナミーック!な駈歩です。

f0031961_22450616.jpg

すみません…ワタクシ、なめてました…。
↑の駈歩前の「♪」はそれを物語っています。

鳩が豆鉄砲顔している私に先生は、
「特に速いというのではなくて、これがIちゃんのフツーの駈歩です」
「Iちゃんが気持ち良く走っている駈歩です」
とのたまふ。
Iちゃん、どんだけ一歩が大きいんだ。
やっぱり多少ビビったのか緊張のためか、この後2度目の駈歩では反対手前が続けて出てしまう。
はぁ、しっかり体勢を整えて、落ち着いて、駈歩。
Iちゃん、一歩一歩、しっかりした足取りで、どっしりした駈歩をしてくれます。
一歩の歩幅が広くそして弾む駈歩。どっしりしてるから安定感もあります。
3回目の駈歩で、自分の内側の目の端に、先生が走りながら調馬索されている姿がやっと見えるようになりました。
その後の駈歩をしながら考えていたのは、
「あ~、今までこんな質の駈歩した事あったかな?」
「“アタシは馬場だから!”って馬場メインのクラブばかり行ってたけれど、もしかしたら私はまだそれ以前の段階なのかもしれないな。そうだったらこうやって障碍メインのクラブに伺って基礎レッスンしていただいて駈歩もやってもらった方が克服出来るかも。」
「遂に駈歩克服出来そうな所がここなのかもなぁ~?
以前のお兄さん先生の所で出来そうで出来なかった(最初マンツーの頃出来そうだったけど人手不足から2人部班になってしまった)し、
去年まで行ってた所では始めの頃3回位駈歩調馬索やってくださったけれどいつの間にかやってもらえなくなり残念ながらどんどん質が下がっていっちゃったしなー。
今度こそ、今度こそ頑張れるかな~?」
「Iちゃんいいコだな~、このコでひたすらあと10回くらい駈歩レッスンしていただきたいわー。」
等々、必死に駈歩しながらも頭ではこう考えていました。
そして久しぶりに、まだレッスン終わっていないのに

また来ます!!!

と勝手に決意したのでした。

みっちりレッスンが終了~したら、先生もIちゃんもワタクシも皆ぐったり。

f0031961_22111259.jpg


濃ゆいレッスンでした。感謝感謝☆

レッスン内容はここまでで、そのほかの事については以下↓をドウゾ!





<先生からのお言葉>

・駈歩のスピードは慣れです!
・駈歩で脚が後ろに流れている時があるので腹帯あたりに置いて使うように


今回は場所もそれほど広くなく、やった事も少ない(速歩はやっていない)ので、全体的な乗り方の注意事項という感じでした。
↑の先生のお言葉にある、「脚が後ろに流れる」のって、初めてです。
恐らくIちゃんの“未体験なダイナミック駈歩”のため予期せぬ動きを脚はしたのだと思います(苦笑)
あんな力強い駈歩したのは…思い出す限りでは“大好きなN先生”がいらしたクラブでのこれまた好きだった馬のS君の駈歩、
あとはヤマハの競技会で乗ったM君の駈歩かなぁ…。
でもこの2頭よりも、今回のIちゃんの方が力強くでも安定感がありました。

そんな連鞍でがんばってくれたIちゃん、「ベテランの味だわ」と思っていたのになんとまだ6歳!
こちらのクラブに来て2年ほどなのだとか。スゴイー!
Iちゃんは馬装を解かれたら先程までレッスンしていた丸馬場に連れられ、ゴロンと放牧です♪
こちらではレッスン後に馬装を解いたらすぐ放牧するそうです。
どの馬も大抵、まずは寝っ転がってました(^-^)健康的でいいわー♪
先生にお伺いして家から持参したごほうびのりんごをあげようとしたら、こちらのクラブのオーナー先生が声をかけてくださった。
我々2人がレッスン受けている間、オーナー先生は隣の広い障碍馬場で見る度に違う馬に騎乗されていた。
「正」の字で数えたくなっちゃう程(^-^;
「あらさっきまで黒鹿毛だったのに今度は黒い尾がふさふさのコに騎乗されてるわ」
「あれ?今度は芦毛ちゃん」「あら?あの黒鹿毛はさっきと別のコよね?」みたいな感じ(ホント!)
オーナー先生は、クラブが出来て今年で10年で出来た時に桜の苗木を植え、あの位(ソメイヨシノじゃないみたいでやや小ぶりで花の色が濃い)にやっとなりました、とか、
馬友さんが習っている先生の事をご存じで、その話とか、
馬友さんも私も一緒に習っていたお兄さん先生の事もご存じで「○っ○ーはね、イイ人すぎるの!」とか、
(自分が習っていた先生が他から良く言われるのは嬉しい♪)
とても気さくにお話してくださいました(^-^)
「馬房を見てもいいですか?」(経験者としてはお伺いしてから見学するのがベター。ダメな所もある。)と訊くとこれまたかる~く「どうぞ~」とおっしゃってくださった。
馬房は1部屋が広め。下も厚くてふかふか。
馬友さんは「いい草食べてるわー」と言ってました。放牧から馬房に戻ってきていたIちゃんにりんごをあげて、厩舎外周を周ってクラブハウスへと戻りました。

厩舎付近にもクラブハウス付近にも、犬のリードを繋いでおける所があります。
素敵なウッドデッキで道具を手入れされてる方あり、おやつをつまんでる方あり。
クラブハウスは天井が高くて明るいです。一部2階があってそこから見る景色もステキでした。
お手洗いもシャワー室も2つあってどちらもキレイ☆
会員さん達も穏やかで、クラブハウス内ではニャンが寝ててワンはあちこち出入りしててで、
送迎を待っている間も全く退屈しませんでした(^∇^)
そんな中、オーナー先生も我々を教えて下さった先生も「お昼ご飯食べたのかしら?」と馬友さんが思わず心配してしまうほど、ずっと動いて(働いて)います。スゴイなぁ~。先生方の「熱さ」がとても印象的。

f0031961_22430742.jpg
この日の天気のような、春の穏やかな感じの所でした。
よい出会いに感謝☆



[PR]
Commented by punch at 2014-03-27 22:25 x
丸馬場、良かったですよね!!
私も「絶対にまた来たい」と思いました。
ここの馬&先生なら恐怖心なく頑張れそうです。
次回はぜひビデオ持参で(^-^)d
Commented by grassree2 at 2014-03-28 13:28
>punchさん♪
初めてのレッスンが終わる前に「また来ます!」と思ったのはお兄さん先生の最初の所以来だと思います!punchさんも同じ事思ってらしたんですね(^-^)嬉しい~♪
私も次回はカメラ持参して、ニャンちゃんの隣に座ったりワンを抱っこしたいなぁ☆
by grassree2 | 2014-03-23 11:30 | ビジターでのレッスン | Comments(2)