本日のレッスンのおまけ

f0031961_11170050.jpg
<本日のレッスンでの注意点>
 
・駈歩スタートのタイミング → 馬がスタートする時(L君の場合は一旦頭が下がって上がった時)に手を前に出す。

・駈歩の時に前のめりになってる(多分覗きこんでるんだろうな…)ので身体を起こして胸を張る

・全般的に鈍い馬には感度を良くしておく

・逆に軽い馬にも後肢への注意を促すのは必要(Mちゃんにも後肢に軽~く短鞭を触れるのを1度だけやった)


うーん、どこから書いたらいいのか迷う所なんですが、
お兄さん先生の所は小規模で人(スタッフ側)も練習馬も少ないのですが自馬会員が多いという環境にあります。
会員ではないワタクシは行こう!と思ってから3カ月経ってようやくレッスンに伺えた今回のように、
以前みたく継続してビジターで伺うのはとても難しいのです。
だからレッスンも単発になりますし、「課題を持って取り組む」とか「技術向上」というのは、厳しいですよね。
なのでお兄さん先生の所で上記のような事をしようと思って行ってないんです。
それでも伺いたく思うのは、お兄さん先生が信頼出来るのと教えるのがとても上手なので違う目で見て貰えるのと、
あとはかつて乗っていた安心して乗れる馬達にまた乗れる、というこの2点ですね。
ノロマなワタクシには「着いてすぐ着替え(ちなみに更衣室は無いので浴室の脱衣所かトイレで着替える)て乗って、
終わってからすぐ着替えてなるべく早く退散する」というのは結構ハード(汗)
乗った後に先生と課題を話したりその他の事を話したり、
クラブにいるニャン達と遊んだりする、という事も他では楽しみの一つであったりするのでこちらでもしたいのですが、そこはちょっと無理~な雰囲気が流れてるので…ね。
だから上記の注意点も乗り終わった後には聞けなくて、レッスン中で言われた事、という感じです(^-^;
スタッフの方がおっしゃるには、まだ当分現状維持みたいなので私達も「次回はせめて今年中に」と思う位に“忘れられない程度“に伺おうかな、という感じです。
こちらのクラブのスタッフの方々(厳密に言うとお兄さん先生の所の方々ではない)はとても対応が気持ち良くて、
馬房掃除してる方でも「こんにちは~」って言って通ると帽子を取って挨拶してくださったり、皆さん挨拶を交わしているんですよね。
若い子達なのにキビキビ動いていて,
大声で笑ったり話しながらデレレ~ンとしてたり携帯いじってるような方は誰も居なくて皆さん黙々と仕事にキチンと従事してる感じでした。
さすが○○さん(←メインのオーナーの方・この日は遠征のため不在)の所です!!


ノロマなワタクシには厳しい条件の中、どうしてもニャンだけは触りたい!と、テラスで日向ぼっこしていた3匹のネコのうち、
一番近くにいたコを撫でたらいい子で撫でさせてくれました(^^)
撫でてるうちに、くたん、と身を委ねてきたので、
あら抱っこできるの!?と思ったと同時にトライ(笑)
軽々抱っこできて腕の中でおとなーしくしてくれたので、これまた本日2度目の

至福タイム! (^^)

まだちょっとちっちゃくて、毛がフワフワで変わった毛色してたかわいいコでした~♪
そのお隣にいた白地のコも撫でたかったけれど、とりあえず1匹でガマン!!!

行き帰りの送迎(片道10分程度)の中でスタッフの方に色々伺ったりして情報を仕入れ、
またよろしくお願いします、と挨拶して帰りました。
行きの待ち合わせとは違う駅に送って頂いたのでお昼は駅構内で済ませようやくホッと一息♪
食事が終わった頃に電車を調べたら数少ない快速が行ってしまったばかりで、20分後の次の電車までお店に留まる。
そうそう、こちらへの交通は自宅最寄り駅から乗り換え1回で済み、特急料金もかからず、行き帰り共まず座れるので、
そこも高ポイント☆なんですよね!
だから自宅に着いたのも「なんか早いなー」という感じでした。

大好きなMちゃんに乗れて、勉強になったLくんにも乗れて、
信頼出来るお兄さん先生に教えて頂き、
かわいいワンを撫でニャンを抱っこできた、という
ワタクシにとっては前回訪問時よりも格段に嬉しくて楽しかったひととき。
「盆と正月が一緒に来た」レベルでした!

次回は…せめて秋にでも伺いたい(^-^;
また是非よろしくお願いします!!

↑の写真はレッスン後の本日のパートナー、L君。
写っている手はお兄さん先生の手です。
馬友さんが撮影してくださいました(^^)
(ちなみにワタクシこの時は全力で着替え中!)



[PR]
by grassree2 | 2014-01-17 14:31 | ビジターでのレッスン | Comments(0)