ブログトップ

なんちゃって馬場馬術2006

22鞍目 いきなり新展開

前日の段階では今日の気温は前日より低め予想だったので一応ベスト着用パターンで用意しました。
ところが、クラブ最寄駅に到着したら、

フツーに暑い...

また、ひーひー言いながらクラブに到着。
今週はオーナー先生が競技会にお出かけなので先生一人しかいらっしゃらないため静かです。
着替えて外に出ると先生がレッスン中の馬場から今日の馬を叫んでくださったが、イマイチ確信が持てなかった私はまた
「んあぁ?」
と聞き返したら私より手前の位置にいらした方二人から
「鹿毛ちゃん」
と教えてもらいました(スミマセン…)
鹿毛ちゃんかー。
今日もまた緊張だわ(><)


本日は鹿毛ちゃんからの駈歩スタートでの「ダメ出し」はありませんでしたが、
「あーこの馬はもっと出来るはずなのにアタシがダメ過ぎてごめん~~~」という展開あり、
一足飛びに鹿毛ちゃんがワタクシの新段階をアシストしてくれる事になりそう?な事あり、
かつての所属クラブでの(あまりよろしくない)経験が役立った事ありと、
本日も色々とありました。
内容は、コチラ☆↓






More
[PR]
# by grassree2 | 2016-05-15 14:30 | 現在のクラブレッスン | Comments(2)

部内大会から気付けば3週間、ちょっと間があいてしまった騎乗になりました。
クラブに行くと一部工事が始まっていたり、次の試合の日程表が出ていたりで、のんびり屋のワタクシはすっかり遅れてしまった感じ(><)
ま、いっか、もうこの年までこれで来ちゃったからスロ~♪は変わらないでしょ。
とはいえ、間2週それぞれキャンセルしてしまった(電車遅延と強風のため)ので、オーナー先生と先生にそれぞれお詫び。
部内大会を経て新しい段階に入った方もいらっしゃいましたが、ワタクシは全く変わらず今日も
栗毛ちゃん♪
変わらずカワイイ(^-^)
しかしながら今日は夏日か?な位に午前中から日差しが強く暑い感じで(湿気がないからまだいいよね~)、
栗毛ちゃんの馬房で裏掘りしてる段階で
「疲れた…」
と早くも言っているオバちゃん(汗)
馬装もちゃんとやったつもりだったのですが騎乗の段階でオーナー先生から
「grassreeさん、ボアの位置が曲がってる。」
一旦乗ったものの、
「grassreeさん、やっぱり馬装やり直しましょう。左側にボアが全く出ていない。」
下馬して位置を直して再度騎乗。
スミマセン、お手数お掛けしました。
もーやっぱり毎週乗らないとダメだわ。
今日の部班も大丈夫かしらん?
そんな本日の部班メンバーはジュニアのお嬢ちゃん2名と、このオバちゃん(笑)
あらー、この組み合わせじゃ私は完全に「オカン」だね!
お嬢ちゃん達について行けるようにがんばらねば!!






More
[PR]
# by grassree2 | 2016-05-08 11:00 | 現在のクラブレッスン | Comments(0)

感謝

この(寝言)ブログ「なんちゃって馬場馬術」を見てくださってありがとうございます。


2006年から「grassree2」で始めたこのブログですが、
前身は2004年から「grassree」で始めており、気づけば10年を越えました。

つい先日、遂に!

f0031961_15124231.png

足かけ10年で、
東京ドーム満員?

ありがとうございます!(-人-)

まだもうちょっと、まったりと続く予定ですので、
引き続きチラ見していただけますと幸いです。


grassree




[PR]
# by grassree2 | 2016-04-24 15:16 | お知らせ | Comments(0)

とりあえず…

10年ぶりの経路、お疲れっす!
10年ぶりのジャッジペーパー、そして3年ぶりくらい?の、バドワイザーです!
詳しくは後日!

f0031961_22010011.jpg

[PR]
# by grassree2 | 2016-04-17 22:00 | Comments(2)

本日のパートナー、栗毛ちゃんは、おじーちゃんなんだけど今回大人気だそうで、A3課目で3走し、A2課目で2走するし、
午前中はジムカーナも出たのかな??
ワタクシは栗毛ちゃんの4走目。
まぁ、かつての所属クラブからしたらこんなもんかなという所でしょうか(コチラでは多い方だと思う)。
A3課目の時はまだ雨が降っていたのですが、私がぼちぼち馬場に出るか、な頃には

晴れっ!(こういう運はあるヒト)

先生からは、
「もう栗毛ちゃんは十分動いていますので、運動の確認とあとは自分の準備運動をする位で大丈夫です!」
との事。
「あー、わかりました!私の足がツラないように!」←こんなレベル(汗)
なぜか先生もオーナー先生も一緒に頷く。
A3が終わってから一旦背中を休ませるために鞍を外し、クラブの白ゼッケン他いつもの馬装をお借りして行い、肢巻はなし。
立派な4白の栗毛ちゃん、馬場がドロッとしてるためせっかくの4白がカフェオレ色に。
A3競技を終えられた方が手伝ってくださり、再度馬装をしていざ待機馬場へ。
かつての所属クラブでは大嫌いだった待機馬場ですが、そもそもここでは人も馬も少ないので馬場を大きく2つに分けて手前と奥で輪乗りくらいのスペースで各2頭ずつくらいでした。
私はこの後出る自馬の方の下乗りをされてる先生と一緒のスペースだったのでかなりラク♪でしたが、
こちらの馬場ではあまり乗らない為、枝垂れ桜の柔らかい枝に3回くらいぶつかりました(前方不注意)。
「いつもの調子で乗って今日の栗毛ちゃんはちょうどいいから!」
と先生。
確かに、いまここで乗った感じはいつもと変わりません。
「ここは絶対確認したい」と思っていた、
駈歩→速歩→駈歩→速歩
の移行もちゃんとできました。
オーナー先生が
「あと5分くらいで出ましょう」
との事で、右手前の駈歩をやって、移行を確認してから速歩にし、停止してからの譲りが出来たのを確かめる。
これで「やる事リスト」は終了。鞭を左手に持ち替える。
なぜか右手を挙げるとオーナー先生が気付き、
「じゃあ行きましょう!あちらが準備馬場ですので、そこに入って速歩。」
軽速歩で移動し、1頭分のスペースで輪乗りしたかったのですが、栗毛ちゃんは奥の馬場だと物見する(by先生)ので、
ガン!として輪乗りをしない。
えー、この期に及んで…頼むよ~~直行進で入るのは重要なんだよ~(涙)
何だかアナウンスが聞こえたけれど、カランカランが聞こえない。
「ベル鳴りました?」とオーナー先生に聞くと
「鳴りました!」
まぢ?
慌てるけどあわてないあわてない(汗)
(後からわかりましたが鐘ではなく車のクラクションだったのでした…)
しょうがない、ちょっと蛇行するけどここで入りましょう!




More
[PR]
# by grassree2 | 2016-04-17 14:30 | ☆自分の競技会★ | Comments(2)

部内大会当日の事からここに書こうかな、と思ったのですが、
何しろ部内とはいえ競技会で経路を踏むのが10年ぶりとなってしまったオバちゃん。
色々なモノが2006年で止まっています(^-^;
「わー、あたし、明らかに過去の人だよ!!」
と思った事も多々ありましたので、参考にはあまりならないとは思いますが(汗)、一応記しておこうと思います。





More
[PR]
# by grassree2 | 2016-04-17 13:00 | ☆自分の競技会★ | Comments(0)

1週間間が空いてしまい、なんと部内大会の前日というこの日にレッスンにやって参りました。
もうかつての所属クラブの時から比べたら、圧倒的に少ない練習量(涙)
しかも今日乗るお馬ちゃんは、明日乗る栗毛ちゃんではありません。
どうしよう、苦手のRくんだったら経路周らずに(←落ち込むだけだから)終わろう、と思いながら来たのです。
以前も書きましたがかつての所属クラブでは部内競技に出る馬が決まったらその馬の「専用馬制度」を利用して8鞍や4鞍をその馬でレッスン(経路だったり普通の馬場レッスンだったり)をして馬のクセだとか乗り方だとかに慣れて本番に臨む、という感じでしたので、何度も乗っている馬でも大抵8鞍の専用馬を取っていた私は直前までほぼ本番で乗る馬のみに乗っていました。
現在の所属クラブでは会員数も馬の頭数も、かつてのクラブよりずっとずっと少ないので、馬の稼働は1日2鞍。週末しか来ないワタクシはそこでその馬を取るのはなかなか難しい。
なので、部内はよく当たっていた栗毛ちゃんにして、経路もかつてやった事のある2課目にしたのですが、

やっぱり不安

何せ10年ぶりだし

といういささか沈痛な面持ちでこの日のレッスンに来た所、本日のパートナーは鹿毛ちゃん!
栗毛ちゃんとは反対のタイプのコ。
うーん。。。
かつての所属クラブでも、外の競技会でも経路違反だけはした事のなかったワタクシ、今日は経路の確認と、ポイントだけ押さえておけばいいかな?
あとは、せっかくの機会だから、鹿毛ちゃんで経路を踏んだらどうなるか。それも体感しておこうと、有難い今日の1鞍をしっかり享受することに気持ちを切り替えました!



More
[PR]
# by grassree2 | 2016-04-16 13:30 | 現在のクラブレッスン | Comments(0)

本日もクラブは静かです。
オーナー先生は一部会員さん達を連れて競技会へとお出かけです。
春の競技会シーズンだし、更に春休み期間だしで余計お忙しそう(^-^;
今日は先生お一人ですがワタクシの都合上、今日が部内大会前に栗毛ちゃんで出来る(たぶん)最後の鞍なのです!
天気だけはもってくれと願った甲斐あり、無事に騎乗できましたー。
栗毛ちゃんは今日もノンビリとお利口さんで手入れをさせてくれ、たまにハムハムしてきて可愛いです♪
馬装はしっかりとチェックして騎乗します。
先生からは、
「準備運動して、パートで運動して、経路を通しで2回くらいやりましょう。」との事。
がんばりましょう!


More
[PR]
# by grassree2 | 2016-04-03 14:30 | 現在のクラブレッスン | Comments(0)

18鞍目 多分2度目の経験

前回のレッスンが同じ週の月曜日(祝日)だったこともあり、
すぐ次の練習日が来たよ!
という感じ(^-^;
しかも前回のレッスンが割と盛りだくさんだったのでその復習をしていたらもう次の練習になり、
そんな感じで前回のR君を引きずっていたら本日のお馬さんを先生から、
「Rです!」
と言われても
「あ、やっぱり…ハイー(汗)」
という心境でした!
今日は元々部班レッスンだとわかっていたので、R君でも若干気がラク♪
先月の大阪出張に行った際に大阪の馬具屋さんに行って(←これが今回の出張での唯一の楽しみ&自分への褒美だった)購入した新しいヘルメットを被っていざR君の馬房へ。
最初に見るのは勿論、前回“火曜サスペンス劇場”のような流血事件が発生した右目の上。
もうぐじゅぐじゅしていなくて、キレーに閉じていました。
いつも通り裏掘りをして、いつも通り連れ出して馬装し、
頭らくを付けると、すっと1度で出来た。
「ねー、いつもこうだったのにね、前回はやっぱり右目の上が痛かったんだねー。」
洗い場からそろそろ出ようかな…と思った頃にやや遠くからオーナー先生の声がして、
「grassreeさーん!連れ出す前に腹帯もう1回締めてくださいねー!!」と。
オーナー先生よく憶えていらっしゃるなぁ、と思いながら、
「わかりましたぁー!」と返事をして、R君の腹帯を締めました。なんかその時にちょっと鞍が後ろにズレたような気がしたのですが、
特に先生方からも位置を直されたりしなかったのでそのまま出発して乗りました。
R君、細いコだから馬装は気を付けながらやらなくちゃだな。
本日は当初3頭部班の予定だったのですが、1頭常歩で馬場入りした直後にハ行のため離脱。
R君と、やや小さめの芦毛ちゃんの2頭になりました(^-^;
オーナー先生からは、
「grassreeさんは前回のレッスンを踏まえて、前回の注意事項を守れば大丈夫ですから。蹄跡に出ないで常歩していてください。」
早速難しい課題なのですが(汗)
フラフラする所が私はR君で苦手な所なので、頼る所のない蹄跡の内側で常歩なんて余計フラフラするってば。
でもその時間は短く済んだので、かなりホッ!
今回は部班だし、前回よりやや気楽だけど今回こそR君の『何か』を掴みたいな。

つづき ↓



More
[PR]
# by grassree2 | 2016-03-26 11:00 | 現在のクラブレッスン | Comments(0)

17鞍目のおまけ

今回のレッスンでは速歩はせず駈歩の時間が多くあったのでその中で試行錯誤してなんとかRくんの良さ、それこそ
「チャンスの前髪を掴む」
位の気構えで臨んでおりました。
R君は苦手でありますが、かつての所属クラブ時に一番苦手だったYのような「一刻も早く降りたい」という感じではありません。なので、好転する取っ掛かりだけでもいいから何か苦手でなくなるようなヒントだったり糸口だったりが見つかるといいな、と毎回思っております!

どの馬もそうなのかもしれませんが、R君は特に私がやった事の悪いことの憶えがよく、
私が一度失敗した事は二度目も必ずと言っていい程、同じ事をします。
なのでほぼ毎回のように最初失敗した隅角通過は同じように肩から逃げたり、
輪乗りでふくれる所は二度目もふくれる、といった具合です。
二度目はこっちも「失敗しないようにやろう」と力むのもあるかもしれませんが、とにかく同じ失敗を繰り返してしまいがちなんですねー。
そしてこうやって↑力む、って事は手に力が入り、
そうすることによってR君のハミに対する抵抗力も同じ位反発が強くなる。
あーららら悪循環…という感じです。
気が短い私もいけないんですけど(・3・)

ということでまずは問題点。
1)最初の段階(常歩、速歩)でのコース取りが肝心。失敗しないように(するけど)行きたい
2)私の手と馬のハミとで反発しない

1)について
このレッスン最初の記事の「駈歩」での写真にあるように、輪乗りの段階(=最初の段階・厳密に言えばその前の段階の軽速歩の時点)で、
既に私は1)について失敗している訳です。
なのでR君は同じように輪乗りのこのポイントで膨れてきてしまいます。
私は最初に、写真にあるように手で抑えようとしています。それを次の段階では、
内方脚を使い、外方の手&手綱で外を内よりかはしっかり持つ。
オーナー先生も「内方はブラブラでもいいです」という位、内方は譲る。
外に行かせないのを外方の手綱で抑え内方脚で起こし、でも内方の手はラクにしている事によって馬も逃げ場はある。
それで円を描くようにする、という感じです。
これで内方までガッツリ持ってしまうと馬は逃げ場がなくなり、今度は前に出なくなってしまう。
その加減が難しい所です。

f0031961_19441718.jpg
まだキレイではありませんが前よりは馬と人の向きが合っているかな。
以前は内方をガッツリ持って内方を支点としていましたが、この写真を見ると外方で回しているような気がします。


2)について
外方は持って、内方は譲る、と↑で書きましたが、必ずしもどの馬、どのケースも当てはまる訳ではありません。
R君は内方はあまり持っておかない方がよいそうで、私もこの輪乗り駈歩の時はそうしていた「つもり」でした。
(出た、「自分でやってるつもり」。やってるつもり≠できている、なのよねー)
でもまだ、オーナー先生から「手が強い」と言われて、
「ワタシいまこんな感じで内方は下げるように乗っていましたっ!」と反発している写真(左側の矢印の手はオーナー先生)。

f0031961_19532039.jpg
ここでオーナー先生より、
「"手が強い"のと"手綱をしっかり持つ"のとは違います。」と言われます。
クラブに入った最初の頃にもR君に乗った時にやりましたが、再度オーナー先生から手の強さの加減を手綱を使って教わりました。
「この位、ハミの重さを支える位で」
ハミの重さ!?
我が家にも1つだけハミありますよ…ワンコに使っていた物が。
あれを支える位?
で、この手応え…ハッキリ言って心許ないです。
でもこの手応えとさっきまでの自分(手綱をややブラッとして乗っていた)との違いは、ハッキリわかります。
わかった上で、どうするか。
ここからが難しいです。
わかった事を表現する事が。
仕事でもそうですが、私はよく頭の中で、
「make difference」「think different」
と浮かべます。
他人にその「先程までの違いとは何か」をわかるように表現すること。
こう言われてこうやってみたけどダメだった。こう言われた事をこっちに考えてみてやってみたらどうだろうか、とすること。
この日の私は、どちらもまだ出来ませんでした。
宿題!
オーナー先生もきっと同じだと思うのですが、感覚は人によって違うのでその人の感覚を更にその人の言葉に乗せて、
他人に伝えるのはとても難しい事です。
私は、オーナー先生が言わんとしている事をその感覚に寄り添って汲み取る必要があります。
そのためにこうやって、せっかく写真や動画があるのですから再度考えたり見直して検証したりする訳です。
for the next time、次回に、その違いを表現出来るように。
表現までいかなくても、その取っ掛かりまで行けるように。
1鞍を1鞍以上の価値にするか、
1鞍の金額をその金額以上のものにするか、
それはほぼ、乗り手次第だと私は思っています。


同じく2)に付随しますが、私の手の位置はほぼ固定。
何でしょう、「心地よいポジション」があるらしく、私は割と自分に引き寄せて乗るタイプです。
引き寄せて乗っていても拳に柔軟性があるのなら馬も苦しくないのでしょうが、私は
引き寄せて、且つ、拳が硬い。
前の記事の写真にあるように、R君は意外と首の上下運動が大きいコなのです。
私は乗っていてそのR君の”定まらない感”が心地悪いので(^-^; 、多分、余計拳を硬くしてしまうのでしょう。
オーナー先生は、
「馬の首の上下に合わせて手を前に」と言われるのですが、
私は(これまた)やってるつもりなのですが、動いているのは拳ではなく残念ながら自分の上体でしたー。

f0031961_20355217.jpg
馬が前に行っているのに私の上体は後ろにいって拳はそのまんまです…チーン(-0-)
次回、自分に余裕があったら上体はそのままで拳を前に出すように、まずはトライからいってみたい所でございます。



。。。という、今回は苦手のR君にオーナー先生のマンツーマンレッスンの組み合わせで、馬友さん訪問による動画資料があって良かったです!!!
たぶん…最初の頃よりはよくなっていると思うんだけどね…多分。
次回、R君の時は(今度こそ)違う騎乗が出来るのでしょうか!?


動画撮影、ありがとうございました!(^-^)/



[PR]
# by grassree2 | 2016-03-21 12:00 | 現在のクラブレッスン | Comments(0)