ブログトップ

なんちゃって馬場馬術2006

先週は1週お休みしてしまいました(出張待機要員のため)。
昨年の同時期は2回国内出張に行きましたが、今年は部署を異動したため出張には行かないのです。
とはいえこの時期、インフルエンザにかかったりする場合もあるので「誰か行かれなくなった時のために」という事で昨年参加していた私が待機要員となったのでした。
あー、四国に行ってみたかったなぁ~。

そんな事があり1週休んだ間にも、季節は着実に春へと向かっています。

梅の木!


f0031961_22473499.jpg





この他に紅梅を何本か見かけました。
もうすぐ3月。3月になったらワタクシの11年ぶり参加の外部競技会もすぐそこです!
いい方向にキモチをもって行かないとね。
競技会に参加するのに次回の予約を入れていなかったからオーナー先生から連絡が来ちゃいました(汗)
わかったわかった、
行くから!
行くから!!
行きますから!
と、怒涛の如く3週分の予約を入れました(-_-;
まー1週でも離れると気持ちが若干重くなり遠くなる感覚はあるのよね。
それはきっと、Hくんとまだ「良好!」と呼べるほど上手くいってる訳でもなく、
私自身も「自信持って経路踏みます!」という感じでもないから。
そこはね、わかっているのよねー。
なので結局、外部競技会もA2かA3かで迷いましたが、まずはA2でいっか、という結論になりました。
しかしながら本日レッスンを受け持って下さった先生からは、
「grassreeさん、A2かA3かよりも
まずはベースだから。」
と。
はい…(-_-)
そうだよね~、そこにまず達しているかどうかだよね~~~。
いつもながらいまひとつ自信が持てていないワタクシに、この日は思いもよらぬ後ろ盾がありました。

Hくんです。

いつも洗い場では機嫌が悪く、常に怒ってる風の彼が、今日は準備する段階からやたら穏やか♪
「ア、オバちゃん先週来なかったね。ちょっと久しぶりー。」
な顔をしていて、
「アラ今日はHくん、カワイイ顔してるわね。」
と思ったほどです。
しかもその場を離れると、ちゃんと私の事を目で追っている風で、行って戻って来ると必ず目が合いました。
「ワンコみたいだな、今日のHくん。」
私がかつての所属クラブで最後の方にずっと乗っていた馬、ワンコは、いつも私が来る方向を向いて待っていてくれたので、必ず目が合ったのです。
多分、目を合わせなかったのは、最後のレッスンの時だけでした…家にはその、視線を落とした状態のワンコの写真が飾られています。
それ位、通じ合っていたワンコと似た仕草を今日のHくんはしてきている…。
この日感じたHくんとの関係が好転しつつある、序章でした。

(つづく)

[PR]
by grassree2 | 2017-02-27 22:41 | 現在のクラブレッスン | Comments(0)

※※※ 管理人よりお知らせ (2017 2.11) ※※※



・「44鞍目 昔といまのクロスロードをUPしました(2/5)   ← NEW!

  

  

 





※23鞍目(5/22)は更新無しでこのままです。。。スミマセン 



○ 5年前にあたる2012年の記事を削除しました(2017/1/1)   
← NEW!


○ 新カテゴリ「現在のクラブレッスン」「現在のクラブでのできごと」を作りました(2015/11/10)   







・「管理人よりお詫びとお知らせ」をUPしました。ワタクシgrassree宛に問い合わせメールした事がある方はお目通しください。
・「自己紹介?」をupしました(2013/1/13)  
埼玉県の某クラブ所属時以降にこのブログ及びワタクシを知った方用に時間があったので軽く載せてみました~。
よかったらご覧ください。 


※この「更新情報」にはコメントが入れられないようになっています。
もしコメントを入れたい場合は前後の記事に入れてくださいね(^-^)

※コメント欄にはメールアドレスや電話番号等個人情報を入れないようにお願いします(ブログアドレスはOK)。入っているものは安全のため管理側ではコメントを承認しませんのでご了承ください ← NEW!

※秘密コメント出来ます!(ただし私からの返信はopenになります~)
grassree宛のメールもありますのでお気軽にどうぞ♪2015年8月31日のコメント欄にあります
今まではブログの感想や「この記事のクラブはどこですか?」等の質問を受けました(←ちゃんと答えますよ。但し「現在の所属クラブはどこですか?」の質問には答えかねますのでご了承ください)。

※過去記事で読みたいモノがありましたら管理人までメールかコメント欄にてお知らせください。
1週間とか期間を区切って再度掲載しますのでどうぞ~。
管理人の気まぐれで、たま~に過去記事を載せる事もあります!



※※※ 管理人の近況 (2.18更新) ※※※

いや~、肩が凝りました~~。
フィギュアスケートの放送が始まる前に、と、外出先から帰宅後に録画していた
全豪オープンテニス 男子シングルス決勝をずっと見ていましたー(放送時間約4時間!)
ロジャー・フェデラーvsラファエル・ナダルの一戦!
お互い30代に突入してからは4大大会決勝で戦うのは初だそう。
私は個人的にロジャーを応援☆
彼のバックハンドのフォームが踊っているようで好きなんです(^-^)
ラファ(ナダルの事)は左利きのタフな選手。
ロジャーは私は繊細さを感じるプレーが好きなのよね~。
ジョコビッチやマレーが出てくる前からのライバル関係にある2人、今回も素晴らしい試合でした。
最終第5セット、3-3になった時なんぞどうなるかと思いましたワ。
二人とも超一流プレーヤーだから、その精度がスゴイ。
昔に比べてカメラワークも進化しているから
「おぉこの角度から見ると高さがあるのがわかる!」などよりスゴさがわかるのよ。
相手の横をかすめるパスの速さのコントロール、
ボール1コ分に満たない落ちる位置をコントロール、
ラケットの角度、上がりっぱなを叩く速さと角度、コートを横切る球の角度。
どれも素晴らしい。
何回「うわこの角度エグイなー」「今のは決まるショットなのに(取って返すとはスゴイ)…」と言った事か。
よく「一流ほど細部にこだわる」と耳にしますが、それはきっと一流ほど細部の調整が出来るのだと思います。
微々たる事。
数ミリの違い、
それがわかる、そしてコントロール出来るのでしょう。
フル録画しておいてじっくり見て(4時間のうち「このプレーも1回見たい」で巻き戻しはしたけれど早送りは一切しなかった)本当によかった試合でした。
また試合後のインタビューも素晴らしいのよ(涙)
まだまだこの二人の試合を見たい!
ロジャーもラファも怪我には注意して、素晴らしいプレーを見せてください。


先週はこれまた録画しておいた「スーパーボウル」を見たのよね~。
アレもまたいい試合だった。
最後まで諦めない事、徐々に詰めていく事を学びました。
ハーフタイムショーはカッコ良くてあの後1週間「脳内ガガ祭り」でした(^-^;
あ~スーパーボウルが終わるとウィンタースポーツもそろそろ終盤だよねぇ。
何観ようかな…じゃなくて自分も試合に向けてやらなくちゃね!(><)/


はじめての方はコチラもお読みください ↓

More
[PR]
by grassree2 | 2017-02-18 20:30 | お知らせ

Hくんとは少しずつわかりあえる関係になって来ましたが、相変わらず手強いコであり、私がHくんから教わる立場である事に変わりありません。
毎回ちょびっと緊張します。
毎回「ひー」とか「はー」とか言いながら馬着を取って(今日は厚馬着1枚だった)、
「よっこらせ」と言いながら裏掘りをして、
「はい旦那、出ますよー」と言いながら洗い場に向かいます。
洗い場に行くと途端にHくんは機嫌が悪くなるので用意はなるべく手早くするように心掛けてはいるのですが…。
オーナー先生に声を掛けられて、また準備をしていたら、
あれ?今日は自馬の方も同じ時間帯でレッスンだから、マンツーって事は!

久しぶりにオーナー先生のレッスンだわー(><)

なんか急に動揺(汗)
まぢかー、大丈夫かなーこの人馬で。
動揺してるので最後の頭らく着ける所でやっぱりオタオタ。
「あわわ」
とかやっているとオーナー先生が、
「grassreeさん慌てないの。こうやって広げれば(←私はなぜか束にして持っていた)Hは自分でハミを銜えに行くから。」
「ハイ、段取り悪いですね。」
「乗る前から主導権を握ってないとね。」←もうここから
私がいかにグダグダかというのはこの後も続きます。
洗い場の前でHくんに乗って馬場に入るのですが、乗った瞬間にオーナー先生から
「ハミに真直ぐ出ていくようにね。」
と言われる。勿論手綱はまだ長い。
この時私は
「アラ、じゃあやっぱり先週の若手先生でやった事はハミに真直ぐ出る、って事でいいのね!」
と思ってちょっと嬉しくなっていました。
それに、まだ1歩も歩いていないので…

まさかこの最初の1歩から意識させられるとは思っていなかったのです。

かつての所属クラブでもある程度常歩するまでは手綱はプラプラでしたし、
現在のクラブでもプラプラまではいきませんが少し緩めて持って歩いていました。
要するに、最初の1歩目からは
何も考えていなかったのです。
なので、いちお
「真直ぐ行こう」
とは思っていましたが、一歩目から右にヨレました。
「ホラ右にヨレた。そういう所、そこからもう馬の好きなようになっちゃってるの。
Hはgrassreeさんが乗ったら好きなように出来ると思っちゃってるの。」

。。。

昔もこう言われた事がある。
ただあの時は馬との関係は決して良好ではなかった。
そしてあの時も、馬の方が私より遥かに上で、私が馬に教えてもらう立場だった。
だから少しずつ上手くいってる感のあったHくんであの時と同じように馬に思われていたら、ちょっとなー。

しかしレッスン後、また、
「昔もこう言われた事があった。」
という出来事が出てきます。

ふたつの「昔」…それは偶然にも同じ時を示していました。
私がかつての所属クラブに居た頃の終盤、
いつもの馬場の先生と、クラブの競技馬に乗って教わっていた時でした。


ということで、
「またこの辺まで来たのかぁ~(溜息・こっからが大変だよ)」という事を確認出来、
嬉しかったり大変だったりの思いがないまぜとなったこの日のレッスンの続きは、コチラ☆ ↓




More
[PR]
by grassree2 | 2017-02-05 11:00 | 現在のクラブレッスン | Comments(0)