ブログトップ

なんちゃって馬場馬術2006


レッスン中の風景。
常歩を始めていると、前方にワンコ発見!

f0031961_23132581.jpg

。。。と思ったら、

f0031961_23125423.jpg

先生に会いたかったんだね♪


この日はオーナー先生&会員さん達も試合の為不在で、とっても人が少なく静かでした。
ワン達は、かまってくれる人がいないからかいつも以上に懐っこかったです(^-^)

レッスン後にいつものようにAちゃんを放牧します。連れだす時は画面上、明らかにヒトよりワン達の方が多い図(笑)
「5」の位置のコは隠れてますが、確実にココに居ます。

f0031961_21573872.jpg
レッスンしていた角馬場に放牧。

f0031961_21582480.jpg
と、Aちゃんは今日は放牧はいいらしく、私の後をついてきちゃいました。

f0031961_21585174.jpg
セーフ(汗)
扉を閉めるの間に合いました。

f0031961_21592043.jpg
「はい、行って来な!」と私に言われるAちゃん。
今日はゴロゴロ砂浴びはしなかったです。

f0031961_21595181.jpg
隣の広い障碍馬場も、放牧ちゃんが1頭いるだけの、静かな馬場でした。



話が前後してしまいますが、送迎車でクラブに到着した際、ワン達が寄って来たのはいつも通りなのですが、クラブの(本来の)正面入り口付近から茶色い毛モノが動き。。。
あっ、コーギーちゃんかな?と思ったら、ニャーニャー鳴きながらニャンちゃんが近寄って来ました♪
「今日はこれから雨降るみたいだから、中に入ってようね~」
とニャンちゃんに言いながら抱っこしてクラブハウスの中に入ります。
よっぽど人恋しかったのか、寒くもないのにニャンちゃんは更衣室まで一緒に入ります。
馬友さんのバッグで爪を研ごうとしたのでダメだよー、と引き離すと、洗面台に登ったので水を出してあげると器用に飲みました♪

f0031961_22334380.jpg

喉が潤ったけどまだ外には出なくて、
「お外出る?」とドアを開けると
「ニャーン」と言って壁に隠れます。
「じゃあおばちゃん着替えるから閉めちゃうよ。」
「ニャーン」←いいよ、と勝手に理解
着替えてチャップスの用意をすると、入れて来た青い「西友」のビニール袋を奪って中に入って遊ぶニャンちゃん。

f0031961_22352611.jpg

ひとしきり遊んだ後、
「じゃあね、おばちゃん向こうの部屋に行くよー」
「ニャーン」←まだ遊ぶ~、風
「ばいばーい」
「ニャーン」←待って~、風
と言いながらちゃんと一緒に出てくれました(^-^)
かわいい!
こうやって会話風?のやり取りが出来るニャンちゃんが私は大好きなのー!
また遊ぼうね♪♪





[PR]
by grassree2 | 2015-06-21 12:00 | 乗馬レッスン | Comments(2)

「天気の急変が予想されます」
「大きめの傘を持ってお出かけください」
などなど、天候面で当日朝まで、テレビの天気予報コーナーに翻弄されましたが、
私も馬友さんも暑くもなく涼しくもないくもり空のちょうどよい気候の中、無事にしろくろちゃんのクラブにて騎乗して来ました。


本日もいつものAちゃんに騎乗します。

f0031961_23123288.jpg




More
[PR]
by grassree2 | 2015-06-21 11:00 | 乗馬レッスン | Comments(0)

夜になって、居住地の方でも雷音と共に雨がしとしとと降り始めました。
今の所、「梅雨」の割には関東では雨量が少ないように思います。適度に降ってくれないと、農作物に影響しますからね。
梅雨あけしたら、夏!
今年の夏の騎乗に備えて購入した“サンスクリーン機能付き”のポロシャツが今日届きました。
夏になったら着よう♪


さて、ワタクシのブログは「エキサイトブログ」を使って2005年より騎乗記録その他をつけております。
そう、もう10年なのよねー!よく続いている(途中騎乗しなかったボチボチ更新の期間ありますが)ものです。
何年か前からこの「エキサイトブログ」の管理者メニューにて『検索ワード』というのがあり、私は、
「何人訪問したか」よりも実はこの欄、「何の用語の検索でこのブログに辿り着いたか」を見るのが好きなのです(^-^)

ちょっと紹介します。


<まじめなパターン>
 ・「なんちゃって馬場馬術」
このブログのタイトルですね、ありがとうございます。
知ってる方々には私自身はこのブログをよく「私の寝言集」と言っています。

 ・「馬場」「馬場馬術」「馬術」「乗馬」「乗馬 ブログ」
このワードで辿りついた方には、こんな中身で申し訳ないです…ハズレですよね…。

 ・「法華津寛」さん「北原広之」さん「北井裕子」さんなど馬術選手の個人名
年に1度位しか有名選手は登場しません。しかも競技会に行った時くらい。ワタクシただのオバはんですので接点ありませぬ。
中には「○○(←男性選手個人名) 妻」とかでなぜかここに辿りついた方も(面識すらありません)。


<まじめなパターン2>
・「速歩(速足)」「駈歩(駈足、駆足など)」や「輪乗り」「隅角の曲がり方」「肩内・腰内」「歩度の詰め伸ばし」など運動について
すみません、これもこのブログでは大して出てきません。。。
最近は全くやっていませんが、歩度を伸ばす運動は、私にとっては「出来ると一番気持ちいい運動」です。難しいけどね(^-^)

・「折り返し手綱」「手袋」「キュロット」「馬場鞍」など馬具について
あー、たまに出てきますね。つい先日は検索ワード「夏用のキュロット」とかありました(ピンポイントですねー)。
とりあえず管理人の見解では、
「手袋」→「ロッケル」
「キュロット」→ お好みで♪
という感じです(^-^) 毎月乗るようになってからキュロットは、かつて所属クラブに居た頃より色々なメーカーの扱いが増えたので自分にとってのnewメーカーをトライ中です。
新しく購入したのは「SPOOKS」「HKM」「Horze」かな。もうすぐもう1種新しいのが来ます!それこそ夏用(笑)
「折り返し手綱」は私自身はキライなのと、『(公認の競技会では使えないので)あまり慣れない方がいい』というかつての先生の意向もあり、あくまでも補助として使うように、頼った乗り方をしないように心がけています。


<よくわからないパターン>
・「美人」「美人選手」「美人馬術選手」
これはね、毎月のようにあるんですよ!なぜか。
私のブログに出てくる「美人」は、美人先生のみです(今の所)

・「速足が上手くなる方法」「馬場馬術が上手くなる方法」
はー、ワタクシが知りたい位です!なのでこのブログには明確な答えはありません。

・「重種」
乗りません。


<誰ですか?パターン>
・「右手前の輪乗りが苦手」「JRAホースショー2015を見た」「第44回JRAホースショーを見た」
もう絶対ワタクシの事知ってる人でしょ!?と言いたくなりますワ。。。
ちなみにホースショーに関しては、観戦行った当日~翌日で記事載せる前からの検索でした。
(見かけたんなら言ってくれればいいのに)
ワタクシは相変わらずこんな感じでへなへなしておりますよ~(*´3`)♪


<ごめんねパターン>
・「スクリーンヒーロー」「モーリス」「オルフェーヴル」
すみません、ワタクシ競馬はやりますけれどここはタイトル通り「なんちゃって」な「馬場馬術ブログ」なので、
競馬は小話程度にしか出てきません。。。
でもね、この間の『安田記念』で、私の中では完全に「モーリスはグラスワンダーの後継者」だとハッキリ思いました!!
グラスファンのワタクシとしては、後継者として孫が出て来てくれた事が、ただただ嬉しいのです…(;_;)
グラスが引退した時に、馬主さんが「必ずいい仔を連れて来ますから!」とおっしゃっていた、いい仔が遂に遂に出て来たのですから(涙)
元気で活躍してくれる事を願っております。


という感じで、「検索ワード」意外に面白いのですよ(^^)
知りたい事、調べたい事がこのブログには無い事が殆どでしょうから、あまり他の方にとって役立ってるとは言えませんけれど、
「どういうレッスンをしているのかな」とか「こういう時この人(←ワタクシ)はどう対処してるのかな」とか、そういうのには多少、使えるかもしれません。
馬術って、馬によって、人によって、その時のシチュエーションによっても違いますが、
何かのヒント、何かの参考に役立てれば幸甚です。


今週末はまた、騎乗に行ってくる予定です(^-^)/




[PR]
by grassree2 | 2015-06-17 22:00 | 馬関係 | Comments(0)

東海・関東・甲信地方の梅雨入りが発表された本日、晴れのようなくもりのようなちょうどよい気候の中、
約半年ぶりにお兄さん先生の所へ騎乗に行って参りました。
お兄さん先生の所は
「まるっきりアウトドア」
なので、梅雨入り前の騎乗がひとつの目標で今年はちょっと遅くなってしまったのですがギリギリセーフ!で、
無事に騎乗出来ました(^-^)

お兄さん先生の所に到着し、クラブハウス内に入るといつものように3匹中2匹のワン達に吠えられ、一番吠えるワンを会員の方が抱っこしてようやく大人しくなった所で手続き(汗)
領収書に本日騎乗の馬名が書いてあるので、見てビックリ!
お兄さん先生が競技でよく乗ってらした馬の名前が書いてあった。
今はあまり競技に出てないらしい…それはそれで淋しいけれど、障碍競技のコだし、何よりこんなオバはんが乗っちゃって大丈夫なの!?(っつーか、そもそも乗れるのかアタシ)
馬友さんは、昨年末に来たという、外産の馬場ウマだった。
二人ともド緊張の面持ちでウッドデッキに出て、お兄さん先生に挨拶。
馬装をどうしたらよいか訊いて装備し、いざ!


騎乗馬:Gくん   馬装:折り返し手綱、先丸拍車、長鞭


お兄さん先生は私をGくんに乗せた後、
「この馬は背中をある程度丸めて運動させた方がやりやすいので、折り返し使ってやってみてください。」
と言い残し、馬友さん騎乗の馬場ウマに騎乗された。
Gくん、何度も見てるけど乗ると意外と大きいのね…そしてれっきとしたオトコだったのね…。
頼むからオバちゃんを落とさないでね。
とりあえず指示された場所まで行って常歩をよくやってみる。右手前、左手前。
先丸拍車で来たけれど、決して軽くはない。
かといって、すっごく重い訳でもない。でもどちらかと言えば、重め。
軽速歩にしてみる。出る事は出るけれど、自分が思ったようなペースではない。輪乗りの輪が小さい。
ちょっと疲れたので常歩しながら、奥でまだ馬場ウマに乗っているお兄さん先生を見る。動きが大きいなぁ。
さて、と。また頑張るか…と思いながら手綱を詰めて常歩から。
障碍競技馬&タマ付き(笑)だからか、全体的に「みっちり」と中身が詰まったような感じで、動きそのものも何か重くズドーン、と来る感じ。(うまく表現できずスミマセン…)
同じくタマ付き(笑)の、しろくろちゃんのクラブでのIちゃんとはまた全然違う。G君の方が大きいし、力も強い。
これまた同じくタマ付き(笑)の、所属クラブ時のおじいちゃん馬なんて、G君と比べちゃったら「オカマでしょ!?」と言いたくなるような感じです。
でも「どーんと受け止めてくれる」ような、大らかな感じは、みな共通しています。
私が大嫌いな折り返し。前回これを使った時に落ちたからか更に嫌いになった。要はうまく使えてないだけなんだけどね。
私の中では、折り返しはあまり強く効かせずに、効かせる、効かせないをハッキリさせて使いたいイメージ。
頭が上がるから下げて運動させるために使うのか(→下がってきたら緩くする)、
馬が背中を使いやすいように使うのか(→テンションは変えない)、
所属クラブ時に私がやっていたように2本手綱に慣れるように使うのか(基本的に緩め)。
お兄さん先生は今回は私に「馬が背中を丸めて運動出来るように」という指示をされたので、それほど短く持たずにやってみる事にした。

G君、タマ付き(笑)の割にはハミをぐーぐー持って行く事もせず、動きのひとつひとつが重くズドーン!とくる位で嫌なモヤモヤ感はありません。私がもうちょっとG君を動かせればいいだけ。
そんな時に、いつも通りお兄さん先生が、
「どうですかっ?」
と笑顔でいらっしゃった。
私もいつも通り「もうちょっと動かしたいんですが。。。」
「じゃあ、乗り替わりましょう」
と、これまたいつも通り私が好きな”先生乗り替わり”の展開へ(^-^)
G君は先生を乗せると、落ち着いて駈歩、速歩をしていた。動きが素軽いという感じでは無い。このコはきっとこういう動きのコなんだね。
短い時間お兄さん先生が乗り、私と交代した際に、
「先生、私がビビりだというのはお忘れじゃないですよね?」と念の為確認。
お兄さん先生は、
「大丈夫ですよ、この馬は隣にミサイルが落ちても大丈夫。」
と、ものすごい太鼓判!ちょっと安心して再び私が乗り、短鞭だったのを長鞭に変え、さっきより動きが少しだけ良くなったG君。お兄さん先生が指示された、
「障碍間を通って輪乗り」も、何とか出来る。もっと動かしたい。
「もう少し輪乗りを大きく!」
手前の障碍ギリギリを通るのではなく、なんとか障碍「間」を通るように頑張る。
間は通れたが失速中のため、馬場側の先程再度乗った時に使ったブロックを越して行けそうもなかったので手前で曲がると、
「そうじゃないでしょ!もっとビジョンを持ってちゃんとコース取りして乗って!」
えっ?
びっくり。
いつも優しいお兄さん先生にそんな風に大声で言われたら「倍返し」ならぬ「倍凹む」だよ。
遂にワタクシがにゃーん♪と甘えられるのは“大好きなN先生”だけになった模様。いや、今はいいや、それどころじゃない。
「鞭、脚!」
「僕が”鞭”と言って使う前に馬が動いても鞭を使う!」
「ハイ」
幻でも空耳でもなかったらしい。
今回のお兄さん先生の「いい意味での裏切るレッスン(「更新情報」の下の方を参照ください)」は、これのようです。
私の顔からもヘラヘラは、マッハで消えていきました。
「長蹄跡で歩度を伸ばす!鞭入れて、脚使う!奥で半巻き!」
お兄さん先生からの大声を背中に浴びながら何とか頑張り、長蹄跡ではちょっと動きがよくなったが、奥で巻きにかかっている間にもう動きが減速しているのがわかる。
一番奥で、
「ちっくしょう、全然動いてないじゃん!」
(注:ワタクシ普段はこういう言葉は使いませんことよ、オホホ)
と、つぶやく。
つぶやいて思い出す。前もこのセリフを吐いた事がある。
そして同時に思い至る。G君は、脚を使って動かした分「しか」動かないコなんだ、と。
前もこういう馬に乗った。そしてその馬の時にこのセリフを吐いたんだよ!
こういう馬はとても少ないからすぐに思い出した。
所属クラブ時の競技馬、モン吉だった。

つづき ↓



More
[PR]
by grassree2 | 2015-06-08 15:00 | 乗馬レッスン | Comments(2)