ブログトップ

なんちゃって馬場馬術2006

またまた次回のレッスンまで日が開いてしまうので、こういう時は馬友さんが撮影して送って下さった
過去のレッスンビデオを見て復習をします!
前回はワタクシ一人で行ったので写真もビデオも無い代わりに自分の記憶と、過去のレッスン内容を後から思い出しつつ考えてみました。

前回のレッスンは栗毛のWくんで初めて最初から最後まで蹄跡運動でした。
もともと調馬索レッスンの時から、栗毛のWくんはよい体勢で運動してくれて、右手前は私も馬も苦手かな…という程度。なのであまり不安なく調馬索を外しての運動が出来たような気がします。
輪乗りでひとり常歩してる時から、栗毛のWくんは軽くハミ受けしてる状態で歩いてくれて、あとはその体勢を維持しつつ更にいい体勢になるようにやっていく事が出来ました。
(私は速歩>常歩>軽速歩 の順にハミ受けはやりやすいです)


何でもそうかもしれませんが、「最初に覚えた事」の方が、同じことをするに当たっても「後から覚えた事」よりも染みついている感じがしませんか?
私は以前の所属クラブでほんと~に最初に教わった"左右に手を引いてハミ受け「させる」"のが、意識してないとパパッと出てしまう事があるよーな気がしています。
だから常にそれはやるな!と意識しています。
そっちの方がラクだし、オバさんやっぱりラクしたいから無意識だとそっちに逃げちゃうような気がしちゃうのよ。
で、じゃあ逆に何を意識してやっていたかと言いますと、

『脚(と気持ちだけは座り)で推進して拳で受け止める』こと。

以前こちらで栗毛のWくんでやった時に感じた、外方で受けること。
脚を使って推進して、外方の拳に力を受け止めたような手応えがあったら、更に脚で推進します。
そうするだけで栗毛のWくんはあっという間にいい体勢になってくれます(特に左)。
馬や人の運動の姿勢が変わると、私はハミ受けが外れがちだったのですが、左手前の栗毛のWくんは常歩でも軽速歩でももちろん速歩でも外れる事なく運動を続けてくれました(感涙!)
右手前は、私が苦手な事もあり、速歩では受けているけれど軽速歩になったら最初ちょっと頭が上がっちゃった(><)とかなった時も、
「手だけでやるな~手だけでやるな~」と自分に強く言い聞かせて「脚を使って推進」からまた頑張りました。
「頑張る」って言っても、そんな力入れてがんばらなくちゃいけない程ではなくて、栗毛のWくんは実に簡単に素直にやってくれます。
何しろ重くないし、短鞭を肩にちょっ、とやっただけで進んでくれるし(勿論拍車無し)、
ヘンな癖無いしで、
な~~んていいコちゃんなんでしょう(´∀`人)
私の体力無くてキツイ以外は本当に楽しくてラクでいいコちゃんで、素敵な時間でありました♪♪
もしも次回、また栗毛のWくんで蹄跡運動が出来るのなら、まずは4湾曲を成功させ(苦笑)、
あとは右手前の自分の姿勢に気を付けてやってみたいです!


で、ビデオを見てハミ受けの復習です。
以前馬友さんが初めてこちらのクラブに来た時に撮影したビデオで、先生が乗り替わって前肢旋回、後肢旋回のお見本をやってくださった時にハミ受けについてチラッと語ってます。

拳をじっとして脚をじっとしてるとこうやって馬の頭が下がってきますよね?
何もしなくていいんです。
先生の中にはこうやって左右にやる人もいますが(←手だけで真似)。
馬の頭が下がって、ここから一歩二歩と歩かせるからハミ受けになるんです。
だから大変なんです。
ラクして、馬は上手くなりません。

ということだそな。
ここでは先生の見解とワタクシが「やらない」と意識してる事が同じなので、↑のような私の過程は今後も継続。
もうちょっと頑張れたら、腰の角度(先生は「肩と腰が並行になるように」とおっしゃってた)にも気を付けてやってみたいです。
左は栗毛のWくんの様子を見なくても「出来てる」ってわかるからいいけれど、
右は自分が苦手で心配なのでついWくんの様子も見るように乗ってしまうから、左のように見なくても感覚でわかるようにして乗れるよう近づいて行きたいですね。


そうそう、駈歩は輪乗りで左右やったのですが、右手前の方がふくらはぎで「中に押し込める」ように乗る事が出来たような気がしました。以前より脚を伸ばして乗れるようになってきた感じがあるからか、
「押し込み」やすかったような。
駈歩でもWくんは同じペースでしっかり走ってくれたので安心して乗れました。
ここのコ達は「ヘンに重い…(´ω`)」という事が無いので、んもーそれだけでも全然違います!
今はまだ苦手の駈歩については「やるだけでいっぱいいっぱい」なので(汗)、もう少し慣れてきたら駈歩でもまた図形が出来るようにしたいなぁ。


秋は競技会シーズンでもあります!
私も今秋は久しぶりに競技会観戦に行く予定です。
よいお見本をたくさん見たいのだ♪
[PR]
by grassree2 | 2013-09-28 14:00 | 乗馬レッスン | Comments(0)

今年は梅雨明けが早かったせいか、秋の訪れも昨年より若干早い気がします。
我が家近くの彼岸花はもう咲き始めました。
昨年は暑さが残ってかなり遅かったのにね。

今月2度目の3連休♪騎乗に行って参りました!
いや~油断してましたが特急は満席でビックリ。私のお隣に人が来たのも2度目でございます。
今回は途中駅のあまり人の乗り降りが多くない印象の駅でやたらめたら人が降りるのでビックリしました。
駅にあったポスターを電車内から見たら「はだか祭り」があるらしい!(汗)
いや私は…遠慮しときます…。

ひとり騎乗の時に読んでいた石田衣良さんの短編集がようやく読み終わったので気づいたらお昼が遅くなってしまいました。
本日のお昼ご飯はコチラ☆

f0031961_21351244.jpg


以前も食べた事のある「泥武士」のお弁当です♪
実は昨日までは、
「前回の宿泊騎乗の時に最後まで迷ったお弁当の"仙台牛タン弁当"の塩&味噌味にするんだ!」
と意気込んでいたのですが、今朝になったら、
「ガッツリ肉食系じゃなくてアッサリ系が食べたいわ…」
となってしまい(^-^; あっさりなのは「泥武士」のお弁当だと思いましたがこちらの一番お安い弁当だと量的に私でもちょっと足りなかったから、今回はもう1ランク上げてしまいました~(><)
ウン、でもやっぱり美味しかったですよ!



騎乗馬:栗毛のWくん  鞭:短鞭 拍車なし



さて、本日のレッスンです。
クラブはサマータイムが終わり、いつも通り静かでありました。
本日のパートナーは、栗毛のW君!
4回目にして「まぢですか…」とは思わなくなりました。
やっぱりW君が一番勉強になるコだと思うから。

先生がお忙しかったので他の先生がW君に私を乗せてくださり、常歩していていいとの事だったので、ゆっくりW君と常歩していました。
後で思い返すと、この常歩の時間が結構あったので、私のペースで左右の常歩をやってW君と確認が出来たのがよかったと思います!
大きく輪乗りで常歩をして、左手前は調馬索でもいつも折合っていたのであまり確認はしませんでしたが、
右手前に換えてからはいつもの調馬索で必ず手こずるからゆっくり確認しました。
内方脚に反応するか、内方姿勢は取れるか、引っ掛かりはないか、など。
右は調馬索では、もたれるまでいきませんが、引っ掛かりを感じていたのでね。
でもこの日は左右差が感じられない程にW君は良かったのです。
ここまで確認出来ると自分の中でもラクです。
ちょうどその頃に先生がいらして、話し合い?の結果本日は蹄跡運動となりました(^-^)/


最初は左手前で蹄跡を周ります。
やった事は、
 ・巻き乗り(1回だけ)
 ・4湾曲(出来なかったx2回)
あとは速歩と駈歩で輪乗りとかやりました。
やった事は特段大した事ではないのですが、私にとっては色々と頭混乱(@o@;)/
前回のレッスン記事で書いたように、蹄跡運動は約1年ぶりです。
記憶がね…(^-^;

先生から「では4湾曲」と言われた時にも、
「!?」
「真ん中までに2回曲がればいいんです。」
「2回!?」
…で何となくやってみたら、
「それじゃあ5湾曲です」
「。。。」

巻き乗りの時は(軽速歩で周回してた)
「中央線に接するように周るんだったよねー」←これの記憶はあった
「あ、巻き乗り中は速歩なんでしたっけ!?」
と終わってから気づく(-o-;

速歩運動しながら、なんだか以前の記憶が色々と降って来ました。
「うわ~、20X40でも十分キツイんだけど。前20X60でやってたんだよね、スゴイな昔のワタシ。」
「この長蹄跡2本は頑張る!あぁ前もそう思いながらやってたな~。斜線歩度を伸ばすがないだけマシか。」
「あれ?鞭が短い(この日は短鞭だった)。そっか前は長鞭だったな~。」
「あー足の位置が思った所に無いんだけど何でだろ?そっか馬場鞍じゃないんだった。」
「なんかワタシすごい曲がってるけど今二蹄跡やってるんだったっけ?」
とか、ひとり勝手に色々混乱(><)
きっと姿勢も今までの調馬索よりダメなよな気がするし。

でもね!
"それなりに"出来たんです。
栗毛のW君の体勢も左右とも良かったし。
先生も「そう、そう」とおっしゃってたし。←言われると調子に乗るワタクシ
私は普段、あまり「コレがやりたいです」というリクエストをしないのですが、次回も蹄跡運動をやりたいな~。
そうするときっと、今回慌てながらもなぞった事が次回は慌てずに出来るような気がするのよね。
先生は、「調馬索で出来る事と広い馬場で出来る事とあるから両方やっていくといい」とおっしゃってました。
確かに駈歩は栗毛のw君では調馬索でやった事がなかったのですが、本日の輪乗りでの駈歩は
何の引っ掛かりもなく落ち着いて出来ました。しかも右手前の方が良かったというオマケ付きで。

んーでも次回は記憶が鮮明なうちにまた蹄跡運動がいいなぁ。
考えておこっ。


今後の事とかはコチラ↓

More
[PR]
by grassree2 | 2013-09-22 14:00 | 乗馬レッスン | Comments(2)

馬友さんとお泊り騎乗♪

馬友さんお二人と私の計三人で1泊2日の日程でレッスン受けて来ました!
いや~、楽しかったです(^o^)/
施設はびゅーちほーですし、
景色もこれまたびゅーちほーですし、
お食事も3食どれもおいしかったですし、
施設の方々は皆さんとてもご親切でしたし、
満足でございましたぁ(*^-^)v


...おっと、肝心なレッスンですが、
初日と2日目とどちらも1鞍ずつ騎乗し、
クラブのお取り計らいで3人とも初日・2日目それぞれ同じ馬に騎乗させていただきました☆
私には今年2月以来のS君!
よいコでがんばってくれました。

f0031961_20481952.jpg



ちなみに宿泊したお部屋の一部を写したモノがこちら

f0031961_21483284.jpg


バスローブが3着ある(2着だとムフフな感じですが3着だと何ともないですね~)事からおわかりのように
ファミリールームに宿泊したので、ついたてのようなモノの向こう側に更にベッドが2台あります!


部屋の窓からは遠くに屋内馬場の屋根と放牧場の一部が見えます。海も見えます。

f0031961_21492620.jpg


翌日は騎乗後にお隣のレストランで海を見ながらテラスでランチ♪
トマト、モッツァレラチーズ、バジルのパスタとサザエカレー(^3^)

f0031961_21502594.jpg


食後は運動?を兼ねて散歩に出かけます。「宿泊者のみ」のエリアがあるのでそこに行ってみました。
手前に屋外プール(小さい)があって、その横を抜け、眼前に広がる芝の広場をひたすらノンビリ歩きました。
普段は使われていない別の宿泊棟やハーブガーデン、ちょっとした池があります。

f0031961_21514721.jpg


↑の写真の奥側より来た方向を望む。宿泊した建物が見えますし、こんな奥からも海が見える事に驚き。

f0031961_22322287.jpg


騎乗の都合によりなんと朝食前にチェックアウトの手続きをした私達でしたが、実際にこちらの施設を出たのが15時半と割とフツーな時間になりました。
2日目の方が天気良かったので、散歩でちょっと日焼けしたかな?
穏やかな時間が流れてとってもゆったりのんびりできた2日間でありました!
またやりたいっ(*^o^*)♪
[PR]
by grassree2 | 2013-09-09 18:30 | 乗馬レッスン | Comments(2)

2日目のレッスン 

初日のレッスン後、馬友さん達からは
「蹄跡運動の感じが良かったから、あのまま調馬索なしで続けるのかと思ったわ」と言われました。
うーん、蹄跡運動…初めてこちらに来て黒鹿毛のW君でパーンと行かれたあの時以来やってないのよねェ。
初日でお疲れ気味だった所にきておよそ1年ぶりの蹄跡運動なんてぜーはーしてダメだわ!
…と思ったので、
移動のお疲れもなく、
ふかふかなベッドでぐっすり寝て、
美味しい朝ごはんをモリモリ食べた今日2日目は、

じゃあ蹄跡運動って言われたらやるわ!

てな意気込みでレッスンに臨みました(・o・)/


宿泊騎乗 2  

騎乗馬:Sくん  鞭・拍車 なし 


本日もワンコ似のS君がパートナーを務めてくれます♪
昨日同様に蹄跡を軽速歩で周回して準備運動開始。S君は昨日同様、いい感じで動いてくれます(^^)

f0031961_1737148.jpg


先生から、
「ちなみになんですけどこういう広い馬場での運動はどれくらいぶりになりますか?」
と訊かれたので、
「初めてこちらに来た時以来なので約1年ぶりです。」
と答えました。
ん、これは今日は蹄跡運動やるな!?と思ったので、
「軽めにお願いします♪」と先制してみました。
そしたら先生は調馬索を掴んで馬場に入って来られました。
あ~、無理と判断されたのかしらん?(私としては肩内だの腰内だのは無理よ、と言いたかったのですが)
ま、仕方ないか。


調馬索を付けて最初に左手前を少しやった後は昨日同様右手前を重視で。
軽速歩はそれなりにバランスが取れて、前の記事で書いたように体重が均等に真ん中に落ちているような感覚があります。
ですが、座りだすと、どうにもバランスが悪くて足が遠心力で振られてるように見える(><)
こんな感じ。

f0031961_17374958.jpg


違う角度から見ても同様。


f0031961_17382419.jpg


先生からは、
軽速歩→バランスを確認してその状態で座る→軽速歩
をやってみるよう指示。
軽速歩はラクに出来るので、「そのままのバランスで~」と念じながら座る。
1度目はやっぱりバランスが取れなくて鐙が脱げる。


f0031961_17391597.jpg


また軽速歩→速歩。
先生からは、「さきほどまでの"鐙に足を突っ込んでるだけの状態"よりかは少しまし」との事。
でもこうやってビデオからの静止画像にすると私の身体の動きが不可解(苦笑)
頭と肩は内側(右)に倒れてますが、腰から下は外側に体重を乗せようとしています。
右足はそれに伴って浮いている状態。

f0031961_17402538.jpg


再度軽速歩→速歩。
先生からは「大げさなくらいに内側に倒れて乗ってみてください」とのこと。
頑張ってそれなりにやってみてるんだけど…。


f0031961_1741142.jpg


さっきど同じような不可解な姿勢(苦笑)
先ほどまでと同様、頭と肩は内側に倒れてます。
右足は「内側に倒れよう」と思っているから体重を乗せて下に行くようにしてる感じが見て取れます。
でもなぜか腰は外側に行こうとしてます(^o^;
この時わたしは、
「右のお尻にあざが出来る位のつもりで倒れてますっ!」
と言ってるのですが、多分こうやって写真で見る限り"全部右に倒れてる"訳じゃないから、
その効果が薄いのでしょうね。
私が言った事を受けてビデオ撮影してる馬友さんと見学してる馬友さんに呆れながら先生が聞く所、お二人とも「そんなに倒れてる感じじゃない」そうでして…(苦笑)
写ってませんが左横にすっごい呆れ顔の先生が居て、私は「おかしいな~」と言いながら項垂れています。

f0031961_1743988.jpg


この日のレッスンはここで終了。
どうするよ次回!?
と言った所でありますが、まぁこのビデオを見る限り、
「左右のバランスをある程度整えて、柔軟に動けるようにしてレッスンに臨みましょう」
くらいかな。。。


前日の騎乗、今回の騎乗を見る限りでは、右を意識して使うに当たり
"左肩を下げて乗る"か
"右を上げて乗る"か、どっちの方が私としては意識しやすいか、次回試してみたいです。


2日間騎乗したからか、2日目は結構ラクに乗れました♪
機会があったら別の季節に宿泊騎乗やってみようかな?
騎乗以外の事は、また別記事にて「おまけ」で載せま~す!
[PR]
by grassree2 | 2013-09-09 11:00 | 乗馬レッスン | Comments(0)

初日レッスンの中に出てきた、私の中の思い出の馬である「Mr.ワンダフル号(わたしはワンコと呼んでいました)」、
同じ所属クラブだった方やワンコに騎乗していた頃のこのブログをご存じの方は覚えていらっしゃると思いますが、最近知った方はワンコの姿はわからないですよね。
もう私のデジカメにも残っていないし、古いパソコンは壊れてしまったのでそこにある写真も見られずで、
手元にあるワンコの写真は現像したものが少しになります。
(このブログの過去記事にも数枚ワンコの写真が残っていてそれも少し…)
自宅に飾ってあるワンコの写真は2枚あり、うち1枚がクラブ内の競技会で騎乗した時のものです。
それがコチラ↓

f0031961_22431882.jpg


現像した写真を写したものなのでちょっと見た目がアレな点はご容赦ください。
毛色と鬣のモサモサ感と、大きな耳の感じがSくんとよく似てるんです。
ワンコの方が馬体は大きいですね。
初日レッスン最後も蹄跡を周回したのですが、出入り口近くにあった鏡をふと見たら、正面から見た感じが、
一瞬「ワンコに騎乗している私」と錯覚してビックリしました。
ん~、そう思ってるのは私だけかなぁ(^-^;


さて、この写真を写して載せたついでに今更見て思ったのは、
「今とバランスが違う」
ということ。
この時の私は、馬場鞍で騎乗しています。
脚、ね、全然伸びてないでしょう?
駈歩が苦手でこうやってしがみつくようにして乗ってたんですよね。
自分でもこの頃は
「脚が伸びてない」とか
「後傾して乗ってる」とか、気づいていたんです。
気づいていたんだけど、改善する策を知らなかった。
脚伸ばして乗りたいけど、じゃあ単純に鐙革伸ばして乗れる、というものでもないじゃないですか。
どうしていいかわからなかったのです。
ただこのままじゃいけない、このままじゃ上手くならない事だけはわかっていました。


最近の私は、軽速歩では、
「体重を真ん中に落とす」
のを心がけて乗っています。
速歩だとまだ出来たり出来なかったりなのですが。
速歩では更に、
「体重を太い矢印で下に降ろす」
のも心がけています。
別に先生から言われた訳ではないのですが、自分でこの所の座りのレッスンをこうやってブログに打ち込みながら馬友さん達が写して下さった写真や映像を(イヤだけど)振り返りながら考えてそう思いました。
イメージとしてはこんな感じ。

<軽速歩>

f0031961_22352868.jpg


おへそから真下に向かって体重が落ちてるようなイメージです。
実際自分で乗ってる時に脚の部分で馬体に触れてるのは○印くらい?
お尻が上がるのは馬の反動だけで「立つ」という感じではないです。
これはやっぱり"力を抜いて乗る"事がすこーし出来るようになってきたのかな?


<速歩>

f0031961_22373214.jpg


こちらは「お尻から体重を太い矢印で下に降ろす」イメージです。
太い矢印というのは、体重殆ど全てを、というつもりで(せっかく重いんだし!)。
昨年教わった北海道の先生のおっしゃる"深い座り"を思い出していたら、
(「今よりもっと体重を下へ落とせるともっと深い騎座になりもっと脚が使えるようになる」)
「やっぱりそうか!」となりました。
今の先生のお見本騎乗も見るとやっぱり腰から下にダイレクトに体重が落ちているような感じがあります。
そう考えるとワンコに馬場鞍で乗ってる時の私の写真は、体重がしっかり下に落ちてなくてあっちこっちに雲散霧消しているような状態。
せっかく重いんだからそれを有効に使いたいですよね。
まだわたしのバランスが悪いのでしっかり下に落とす事が出来ないのですが、
徐々に徐々に出来るようにやっていきたいです。



…ってな事を思い出し反省しながらやっております。
さて、そろそろ2日目の騎乗にとりかかります!
[PR]
by grassree2 | 2013-09-08 21:00 | 乗馬レッスン | Comments(0)

初日のレッスン 

宿泊騎乗 1

騎乗馬:Sくん 鞭・拍車 なし



この日より2日間、馬友さん達と1日1鞍ずつ騎乗します。
梅雨明けが早かったせいか、9月上旬の今でも、かなり「夏の終わりの気配」を感じます。
5時から騎乗した私は、ここに来て初めて屋内馬場で照明燈しての騎乗になりました。
本日のパートナーは、2月以来のS君(^o^)
あの時は初めて乗ったのにそれほど力みなく駈歩まで出来た私の中では奇跡のようなコです。
半年ぶりに跨って見えた景色は、やっぱり…

ワンダフルに似てる

でした。
自分の目線の下にある、馬の首~頭、耳の感じが、毛色とか鬣の量の多さとか、ワンコをすごく思い出します。
もうそれだけで「ワンコに乗っていた頃の自分の動きは出来る」と思えてしまうのです。
勿論、乗り心地や動きは全然違うのでそこはワンコじゃないことはわかるのですが、
見える景色が、ね、錯覚するんですよね。
それだけでなんか嬉しいんです♪
ここの他の馬達と違って、Sくんだけに感じる"特別な嬉しさ"ですね。


そんなワンコ似のSくん(ワンコよりずっと動くよ!)、まだ若いコなので内方姿勢とか全然気にしないで「前へ」と、自分の姿勢に気を付けて乗ることにします。
最初に蹄跡運動。
軽速歩で周回しますが。。。

長くないですかっ!?

金曜日はかなり忙しく、翌日は土曜で休みだったとはいえ、なんか腰に鈍痛を抱えながら乗っていて、
「えー、蹄跡運動どれくらいやるんだろ?調馬索運動への体力を残しておきたいんだけど(汗)」
と思いながら乗っていると、先生から、
「軽くいい感じで運動しているし乗ってる姿勢もキレイ」との事←こちらの先生には初めて言われた(嬉!)
とはいえ、"繋がれた状態"に安心・安全を考えてしまう私は
「えっ、調馬索はやらないんですか?」とそっち優先(^-^;
この後も暫く蹄跡運動を左右軽速歩、速歩で行います。

f0031961_2336639.jpg


後ろから見るとこんな感じ

f0031961_23372929.jpg



速歩してます

f0031961_23382964.jpg



この後、当初の予定通り調馬索になるのですが、蹄跡運動の時にはわかりにくかった欠点が改めて映像で見るとよくわかった事がありました。
つづきはこちらからドウゾ↓

More
[PR]
by grassree2 | 2013-09-08 17:00 | 乗馬レッスン | Comments(2)

結構。。。

大荷物っ!(汗)



f0031961_20565895.jpg




そんなこんなで行ってきまーす。
朝出発する頃には、「オリンピック東京招致」が決まっているのかしらん?(・∀・)
[PR]
by grassree2 | 2013-09-07 20:30 | 乗馬レッスン | Comments(0)