久しぶりの外部競技会

地震があったり、11月なのに降雪があったりと、今週はもう勤務するのも萎えてしまうような出来事が続く中、
コレがあったから何とか気持ちを繋ぐ事ができました!
それは。。。

参加する予定だった外部の競技会に手伝いとして参加する事

そもそもワタクシは競技会にはあまり積極的ではない方でしたので、
かつての所属クラブでも出場したのは2回だけでした。
それも、
・ワンコのために同行した回
・いつもの馬場の先生とやってきた事を確認するために出場した回
という、純粋な自分のため”以外”の目的メインで参加した2回でした。
そしてそれからちょうど10年。
9年ぶりに所属クラブが出来たし、いざ入ってやってみると色々とかつての時とは変わっている事も多い事から、
外部の競技会もきっとそうに違いない、これはいい機会だからと自分に言い聞かせて参加する事にしたのです。
しかしながら出場予定だったHくんの怪我によりワタクシは早々に出場を取り止め。
でもせっかくだから、自分が出なくてもサポート役(とまでは出来ないので単なるお手伝い)として参加しようと、
取り止めにした時に同時に決めたのです。
またしても泊まりなんですけどね(^-^;







という経緯を経て、ワタクシは勤務後金曜の夜、特急電車に乗って競技会会場のいくつかある最寄駅のひとつの近くに宿泊。
先月の部内の時同様、朝5時に起きて6時半にホテルをチェックアウトして出発!
最寄駅でタクシーを捕まえて、目的地を告げると予想通り「は?」という運転手おっちゃんの答え(結構乗馬クラブはこう言われるんです…)。
おっちゃんはカーナビで調べて設定してくれて、入口を間違えましたが無事到着。
まずは第一関門突破です!
さてここから初めて来た乗馬クラブの広い会場の中から現在の所属クラブを探さなくてはいけません。
オーナー先生からは、
『○○の後ろに厩舎があるのでその中にクラブの馬達も居ます』
というかなりざっくりしたお知らせをいただいていました(汗)
オーナー先生絶対ワタクシが方向音痴な事忘れてるよね…。
なのでワタクシも覚悟して「さーて」と腕まくりする勢いで第二関門に向かいます。
ところが歩き始めて3分もしない所で、何とラッキーな事にオーナー先生を発見!!!
奇跡だ!!
初めて来た知らない広い所で知り合いを探しに踏み出したら運よく一番会えてよかった人に会えたので、ワタクシも一気にホッとしましたよ~~~~♪
さっ、これからはお手伝いの仕事です!(^-^)/


自馬の方々の鬣を編む手伝いをしたり、
先生がアップの時に着ていた上着を預かったり、踏み台の持ち運びをしたり、
お仲間の皆さんの経路を見守ったりしているうちに午前中終了。
やっているうちに、
「あ、そう言えば前はこうやっていたな」という事が乗っているのを思い出した時のようになんとなーく
思い出してきたんですよね。
午後は馬場の方々のアップ後にプロテクター取って持ち運びバケツに入れたり、
出番直前にヨダレ出た馬の馬体を拭いたり、
経路の撮影をしたり、
出番が終わった馬達の手入れの手伝いをしたりしていました。
そういう事をしながら、ちょいちょい聞いたり話したりする事が面白かったりして、
普段のクラブで、とは違う感じでまたクラブの輪の中に入れたような気がしました。
たとえば、オーナー先生と待機馬場に居た時に、
「今ここにいる3頭(うち1頭はいまクラブ所属の馬)は、みんなウチ関係の馬なんですよ。どちらも今の場所に移転する前にいた馬で、どちらも障碍飛んでました。」と教えて下さったり、
先生と待機馬場に居た時は、馬場も障碍も出ていた馬が馬場のアップをしてる際、
「う~ん、やっぱりこの馬は馬場の方がいいなぁ」
とボソッとおっしゃっていたり。
フツーの顔して馬に跨り準備馬場へ向かっていた若手先生の後ろをついて歩いていたら馬に着けていたエクササイズシートがバサッと落ちたので慌てて拾ったワタクシだったけど、若手先生はまーーーったく気づいてなかったり(恐らくテンパッていた)。
また、クラブ内と外では様子が違うコもいるのがよくわかりました。
とっても上手な方が騎乗しているのにピーピー鳴いて暴れそうになるコや、
普段は大人しいのに障碍のスタート前にいきなり前肢上げちゃってみんな固まってしまったり。
逆に無事ゴールしたのに最後立ち上がって乗り手落としちゃったコとか。
準備馬場では「う~ん、すごくいい感じ♪」なのにいざ本馬場に入ったら「あれ・・・」というコも。
もしHくんが無事に出ていたらどんな感じだったんだろうなぁ。
なんて思いを馳せておりました。
それはきっと、次回わかるのかなー?


かつての所属クラブと現在のクラブとでの競技会でのスタイルの違いもわかりました。
クラブ側からは担当馬ごとに先生方どなたかが必ずついていてくださり、待機馬場の時もそうだったので
「参加人数多くて目が行き届かない」
という状態ではなく安心したり、
かつての所属クラブ時とは違って先生が一斉に声を掛けて一斉に動くのではなく、個々人が出場時間を管理してそこから逆算してそれぞれが自分のペースで馬の準備をして、先生方と一緒に待機馬場へ移動するスタイルなんだ、という事を知ったりと、
自分が参加する以前にわかってよかったです。
あとは、これは私は10年前の事をよく憶えていないのだけれど、乗馬する際の踏み台となる脚立を各クラブ皆さんそれぞれ持ち運んでいる事にビックリしました。
私も自分のクラブの方々の脚立、この日だけで5つ6つ持ったよ。
「すみません、一瞬踏み台貸してください」と他のクラブの方から言われたりもしました。
だから待機馬場は脚立だらけ~(笑)
私が大嫌いな待機馬場は、相変わらず入ったらキライそうな感じだったけれどね(^-^;
現在の所属クラブの先生方は勿論、会員の皆さんもマナーがいいので見ていて安心しましたし、周囲とも良好な関係性にあるんだとわかりました♪
(余談ですがいまこれだけ「喫煙場所」だの「分煙」だの「受動喫煙」だの言われているのに未だ馬場の中や周囲に人がいる状況で平気で喫煙する人が何人かいた事に時代錯誤を感じました。恥ずかしい事ですよね。)

そうそう、この競技会は現在の所属クラブがある県の他クラブにて開催されたのですが、
ほかの都県クラブからの参加も結構ありました。
なのでかつての所属クラブでご一緒だった方ひと組を見かけたり、
隣の馬房を使っていたのは、なんとしろくろちゃんのクラブでした!(勿論挨拶しに行った)


競技会に向かうまでのこと、競技会当日のこと、クラブ周辺とのこと、人との関わり、馬との関わり、
チームワークなど、普段のクラブだけではわからない事をたくさん見て知る事が出来たのでこの日参加して本当によかったです!
次回の自分が出る時(←あったらね)のいいシミュレーションになりました!
私にとっていつあるかわからない「次回」のために、また次週からがんばっていきましょう(^-^)/

最後に。
一番意外だったのは、先生方が競技会での本番が終わってからのコメントが一番厳しかった事かな。
ここまでで一連なんだ、という事がわかりました。
なのでワタクシもやはり「一連」を経験していかないとひとつ上の段は登れないと思うので、ね。
緊張感をほどよく持って臨んでいこう!

チーム皆さんの今日のご活躍を祈ってます☆



昨日の朝の、清々しい空気がまだある待機馬場。晴れていたけれど寒かった~(><)1日中ダルマみたいな格好してました。

f0031961_11461024.jpg


[PR]
Commented at 2016-11-27 13:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by grassree2 at 2016-11-27 22:29
>はじめましての鍵つき様!(前回同様初回の宛名を継続します!)
コメントありがとうございます(^^)
私も実際10年ぶりにやってみて同時進行で思い出して来ました!
競技会ってそれぞれの目標達成だったり成績だったりも大事ですが、おっしゃる通りチームワーク大事ですよね☆
また手伝いだけでも参加しようと思いました!
。。。あ、なるべく次回は自分も競技者として参加目指します~(^o^;A
by grassree2 | 2016-11-26 06:30 | 現在のクラブでのできごと | Comments(2)