ブログトップ

なんちゃって馬場馬術2006

3回練習後の結果は。。。2

既報の通り、この日のワタクシの結果は、
60.441%
で第4位でした。

馬場をやる方なら、ある程度目標とする得点率はやはり60%なのではないでしょうか。
ワタクシはかつての所属クラブ時は「55%」でした。
それは部内でも優勝ラインが当時は低めで52~55%くらいだったのです(現在のA2レベルで)。
なので先日まで載せていたヤマハの競技会でそれを越えた時はものすごく嬉しかったです。
で、9年経ち、昨年になって現在の所属クラブに来てからは特に具体的な目標の得点率はありませんでした。
前回初めて参加した際、
「あ、このクラブはかつての所とは反対で部内だと得点率が高く出るのかな」と感じました。
なので点数そのものではなくて、
「どこがダメだったか」
「どこで減点されているか」
又は、
「どこで点が良かったのか」
を見ています。
得点だけを見てしまうと私のような「おだてられると木に登る」タイプの人は、
今回のようなお点ですと必要以上にウハウハ♪してしまい反省をしないので、
そこはがっつりとその感情を差っ引きます。
かつての所属クラブでは厳しく言って下さる方々がいらっしゃいましたが、今は自分以外誰もいないから。


っつーことで。
この日ワタクシが周ったA2課目を思い出しつつ、その結果がどうだったのかを振り返りたいと思います。






いきなり事件は起こります。
いい流れで鐘の音を聞いて真直ぐ(正確に言うとやや蛇行)入場します。
後肢を入れる感じで停止して短く敬礼した…のですが!

ズダダダダと勢いよく3mは後退!!

ひぇ~~~~~(滝汗)
過去2回の練習ではこんな事なかったのに!
理由はすぐわかりました(後述します)。
がしかし、今日は本番のようで本番ではありません。
今日コレを経験しておいてよかったです。
最初が凹んだら、後は登るしかありませんから。
なので「ひぇ~~~~!」な顔はしましたが、あとはまた「無」となって右に曲がりました。
隅角で押し込んでリズムを守りながら斜線に入る。伸ばさない。
短蹄跡で詰めて三湾曲。曲げる、長蹄跡1歩踏ませる、真直ぐ、曲げる…と、前回栗毛ちゃんではあまりうまく出来なかったのでそこを意識して行いました。
長蹄跡でもやはり伸ばさない。その代わり短蹄跡に入ったら気持ち詰めて常歩。
ここの斜線はサラッと行こう。首が伸びないし歩幅も広くならないからイーブンで行けばいいや。
その代わり、Hくんの長所である駈歩を私が潰さないようにしよう。
ポイントを守って駈歩スタート。輪乗りは大きく回りC点過ぎた後の隅角は丁寧に周る。
斜線に入ってポイントを意識しながらいきなり速歩にするのではなく気持ちとしては徐々に速歩。蹄跡出る前に常歩。
あ、よかった、出来た♪
落ち着いて左手前。ここも大きく輪乗りして…と思ってやりながら短蹄跡に入った頃、背中がある声をキャッチした。

「7」

なな!?
まぢで?
いや空耳じゃね??
とか思いながらもまた隅角をしっかり周り、ここで少しだけ欲が出た。
「ちょっと歩度伸ばしちゃお」←いやそれが本来求められてる事だから
と、気持ち伸ばし、その分隅角でスピードを落としながらも丁寧に周ったつもりとなった所、
斜線に入ったら右手前よりもスムーズに移行できました。
10年前から今まで何回もこの2課目の経路はやりましたが、一番丁寧に駈歩パートは出来たと思います!
不思議な位に力む事がありませんでした。
その代わり自分が得意な半輪乗りの所はまた図形があわわな感じに(結局最後まで感覚が掴めず)。
最後の停止は最初の後退を踏まえてなだらか~な停止にしたら大丈夫でした(ホッ)


実際にいただいた採点表を見ると、
ダダダと後退した1項目目はどちらの審判からも最初の採点より減点・修正されています。(計1.5点)
あとはしばらく同じ点が続き…
駈歩で私が「空耳じゃね?」と思った「7」の声は、

空耳じゃありませんでしたーーーっ(ToT)

嬉しい~☆
2度目の「7」だわ!(1度目はヤマハの時でした)
そして私がちょっと欲が出てちょっと伸ばした駈歩をした所は、
お一人の審判は修正して0.5点

増えてました♪♪

やったよHくん、ワタクシは駈歩の部門でこんなに6や6.5ばっかり並んだ事なかったよ(号泣)
よかった…Hくんの良さを私は潰さずに出せたわ。
ここでもっと練習して、自分の得意な所でHくんをカバーするような乗り手になりたい!!
もっとHくんの駈歩を信用して、今度こそちゃんと伸ばしたい!
そう思えるようになりました。
最初の停止敬礼の所は、過去2回の練習はサラーっと周ったのであんなキュッとした停止をしなかったので(「今日は試合だからちゃんとやるぜ」と思ったのが仇となった)、最後は練習通りサラーっと行ったら大丈夫でした。
あともう少しの期間、Hくんと更なる高みを目指していけるようにしたいものです!


結果表が出てからも馬の手入れを先にやっていたので、一通り落ち着いてから見に行きました。
私より上の課目に出場された方が、先生に結果について質問されていたのを背中で聞きながら自分の成績を見ていました。
「審判によってこんなに差があるものなんですか?」と、聞いてらした。
うーん、確かに今回の審判の方は出血大サービスな位に、わたしの大好きな「ミルクとはちみつたっぷり甘めのカフェオレ」位に甘めの採点だわ。だから私なんぞでも60越えたのか。
先生は、
「お一人はいつもの○○さんですが、今回もうお一人はあまり審判はされませんが県内でもトップクラスの馬場の選手である△△さんなんですよ。」

え!?

いきなり振り返る私。
その方は、それこそワタクシがかつての所属クラブにいて競技会を観に行ってた頃からご活躍されていた選手だから。
競技会でのスタイルはわかるけど、今日は全く気がつかなかった(っつーか、気がつかなくてよかった)。
講評の為にクラブハウスから出て来た審判お二人は、確かに私が見ていた選手の方でした。
講評が終わり馬場馬術部門はこれで終了して懇親会に入ります。
すると、偶然にも講評が終わった審判の方々はワタクシのすぐお隣にいらっしゃいました。
オーナー先生が、
「審判をしてくださった○○さんも△△さんも懇親会に参加されますので、採点表を見て聞きたい事があったら質問したり、その他お話したりしてくださーい。」
と呼びかけていた。
懇親会が始まるとお隣なのをいい事にワタクシ、一番にお話に伺いました!!←オバちゃんは図太いのだ
A2課目に出場したが、これから先、上の課目をやるにあたってどういう事に気をつけて練習したらよいか、
どういう事に注意して経路を踏んだらよいのか…とかを質問した気がします(緊張して忘れた)。
返って来たお答で印象に残っているのが、
「入場の速歩、或いは駈歩は『私は経路中この速歩、この駈歩でいきますよ』を示すものです。
だから審判に対して『お、いい演技が見られそうだな?』という期待を持たせるような速歩や駈歩で入場して欲しいですね。」
S課目を踏んだ方の、
「経路中は焦ってしまって、あー、このままだとX過ぎちゃう、って、すぐ思ってしまうんです。」
というお話に対し、
「そこは過ぎてしまってもいいんです。審判は積極的な姿勢を評価します。」
「今日は選手目線も入れて評価しました。」
とおっしゃっていた。
そうか!
じゃああの背中で聞いた「7」は、きっと私の隅角の周り方“も”含んでだろう。ウンきっとそうだ。
そう思おう!(^-^)

今回の経路での私へのご褒美は、この
背中で聞いた「7」
だな♪これで十分☆
次回Hくんで「こうしたい!」という目標も見えたし、またがんばりまそ。


前回の部内大会に参加した時は、
「このクラブに来てよかったな」
と思ったのですが、今回もまた同じ事を思いましたしまた、
私もこのクラブを選んだけどクラブ側からもきっと選ばれてここに来たんだな、と感じました。
約1年間、ちゃんとマイペースで進みながらも、これだけcomfortableなのはやはり双方向あってこそだろうと。
次の1年間はもうちょっとペース上げて(苦笑)、クラブ側からの事にも応えられるように、したいものです。


という事で、今回の部内大会は終了!
次に向けてまたHくんでがんばるけど、お願いちょっとだけ休ませてくださいっ!
Hくんに向かっていく力を私が溜めないと、ガチであのコには当たっていけないの(><)
それだけ手ごわいけれど、それだけのものを返してくれるコだとわかったから。
万障繰り合わせて、次回Hくんと向き合いたいと思います。



[PR]
Commented by フェリシア at 2016-10-19 07:15 x
試合って、体調ばっちりで参加しても終わるとぐったり疲れているものなのに、体調が冴えないなかでの参加、本当にお疲れさまでした。
練習も、集中力を保つのが難しい状態だったでしょうに、そんななかでの 60%超えは本当に本当に素晴らしい♪♪ おめでとうございます!

きっと、以前のクラブのときとは根本的に grassree さんの乗り方が変わっていて、ご自身ではイケてないように感じていても、周りからみると素敵な騎乗になっていたのではないかな〜と想像します。駈歩はとくに、ご本人だけが以前のクラブのころの認識のままでいて、最近 grassree さんと知り合った人は誰も "駈歩が苦手なヒト" だとは見ていないんじゃないかしら?
馬を推せる認識に次いで、駈歩得意認識もぜひアップデートしてくださいませ♪
Commented by grassree2 at 2016-10-19 22:30
>フェリシアさま☆
コメント&お祝いのお言葉ありがとうございました!
ようやく昨日あたりから過去日付の骨組みだけ出来ている下書き記事に肉付けする気力が出て参りました(^^)
今回の部内は前回と違って自分の中だけでの「楽しみイベント」もあったりその他モロモロでモチベーションを上げて乗りきる事ができました。

駈歩については今回のHくんは1歩ずつを意識できるコで、安心して乗る事が出来ました。これは今まで乗った馬達でもなかなかなかった長所なのです!更に関係性を深める為もう少し期間延長して取り組んで行きたい所ですね(^-^)/
Commented at 2016-11-02 11:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by grassree2 at 2016-11-02 22:00
>はじめましての鍵付きさま☆
(今回ははじめましてではありませんが、前回のお名前をそのまま踏襲しました)
お祝いコメントありがとうございました!(^^)
いい所もあり、課題も見えた経路でした。
今度は「今まで散々やった(A)2課目で一番の出来!」を目指していきたいですね。

もうすぐクラブの会員になって1年、マイペースで心地よくやらせてもらったので、次の1年はクラブからの事に応えようと思い、あまり出ない外の競技会に今度出る事にしました!どうなるやら~。
by grassree2 | 2016-10-16 21:30 | ☆自分の競技会★ | Comments(4)